コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤蔭静枝 ふじかげしずえ

百科事典マイペディアの解説

藤蔭静枝【ふじかげしずえ】

日本舞踊家。本名内田八重。初め藤間静枝を名のり,1917年藤蔭(とういん)会を結成,坪内逍遥の《新楽劇論》にはじまる新舞踊の道を開いた。1931年藤蔭流を創立,家元となり藤蔭と改姓

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の藤蔭静枝の言及

【藤蔭静樹】より

…29年パリ公演を行う。31年藤間流の芸名を返上して藤蔭流を創立し,家元藤蔭静枝を名のる。57年門弟の美代枝に2世静枝を譲り,宗家静樹を名のったが,のち2世とは不和になった。…

※「藤蔭静枝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藤蔭静枝の関連キーワード藤蔭 静枝(1代目)藤蔭 静枝(初代)五条 珠実(初代)伊和井 康介五条 珠実藤陰 文枝藤蔭 絃枝五條珠実藤蔭静樹

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android