コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤里[町] ふじさと

百科事典マイペディアの解説

藤里[町]【ふじさと】

秋田県北部,山本郡の町。米代(よねしろ)川の支流藤琴川,粕毛(かすげ)川流域を占める。米作を基幹産業とする。中心集落は藤琴。粕毛川はアユの産で知られ,上流には素波里(すばり)渓谷がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじさと【藤里[町]】

秋田県北部,山本郡の町。人口5024(1995)。北部は青森県にまたがる白神山地に属し,ここに源を発する藤琴川,粕毛(かすげ)川が中心集落藤琴で合流して米代川に注ぐ。近世は秋田藩領で,粕毛地区は津軽への間道の要所であった。米作と,藤里牛として知られる肉牛飼育が盛んで,秋田杉の造林も進められている。粕毛川上流には1970年に県営素波里(すばり)ダムが建設され,ダム湖の湖岸は国民休養地に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤里[町]の関連情報