コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駒踊 こまおどり

4件 の用語解説(駒踊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

駒踊
こまおどり

楕円形のタケの輪の前後に首と尾をつけたウマを腰の位置に着け,人がウマに乗った姿をとりながら行なわれる踊り。北海道東北地方に伝わり,各地それぞれの形がある。北海道白糠町の白糠駒踊は青森県の南部駒踊をもとに大正時代につくられたとされ,若駒が厩舎から牧場に出て一日楽しく過ごす様子を演じるもので,年間随時行なわれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こま‐おどり〔‐をどり〕【駒踊(り)】

民俗芸能の一。木製の馬の首の作り物と尾のついた楕円形の竹の枠を腰にくくりつけ、あたかも騎乗しているように踊る風流(ふりゅう)踊り。青森・岩手・秋田県などで行われる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こまおどり【駒踊】

青森県八戸(はちのへ)市を中心に南部地方一帯に見られる集団の民俗舞踊。木製の馬の首の作り物と,尻毛尾のついた楕円形の竹の枠型の作り駒を腰にくくりつけ,若駒騎乗に擬して踊る風流(ふりゆう)踊の一種で,北海道白糠(しらぬか)郡にも伝播されているが,扮装,曲数,馬の数など土地によって異なる。大小刀・杵(きね)・薙刀(なぎなた)・棒の四つ舞の付舞がつき,太鼓,鉦,囃子手を交え円陣になって笛の音とともに踊る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

駒踊
こまおどり

馬の作り物をつけて踊る風流踊(ふりゅうおどり)。馬どころ東北の南部地方にことに多く、すべて一人立(だち)である。昔から馬は神の乗り物、いわゆる神馬(しんめ)として敬愛されてきた。春の祝福芸に春駒(はるごま)があり、正月か初午(はつうま)に登場するが、駒踊はさなぶり(田植終了の祝い)や秋祭りに多く奉納される。南部藩の牧場では、春に若駒を野に放ち、秋に多数の勢子(せこ)が取り押さえた。駒踊はそのさまを踊りにしたものという。青森県三戸(さんのへ)郡の駒踊には、7頭、5頭、3頭などの別があり、八戸(はちのへ)市高館(たかだて)は7頭。9月中旬の小田八幡宮(こだはちまんぐう)例大祭で踊られ、「駒踊」「七つ道具」「扇舞」「うつぎぁさぁ」の四つの踊りを駒踊と総称しているが、たいへん勇壮なものである。青森県津軽(つがる)地方、たとえば五所川原(ごしょがわら)市の荒馬(あらうま)はさなぶり荒馬といわれ、さなぶりに荒馬の威勢で害虫退散をするのだといわれる。南部の駒踊と同じ一人立で、馬頭と尻尾(しっぽ)を前後につけ、綱をとるものも出て、6頭の荒馬に太刀振り、簓(ささら)、傘鉾(かさほこ)などがつく。[萩原秀三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

駒踊の関連キーワード八戸チーノはちのへ八戸公園八戸市公会堂八戸えんぶり八戸小唄八戸線八戸花火大会八戸市美術館八戸ガス

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

駒踊の関連情報