虫が付く(読み)ムシガツク

デジタル大辞泉の解説

虫(むし)が付(つ)・く

衣類・書画などに害虫がつく。
未婚の女性に愛人ができる。「大事なに―・く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

むし【虫】 が 付(つ)

① 衣類、書画などや穀類、農作物などに害虫がたかって、そこなわれる。
※俳諧・菊の香(1697)夏「虫つかぬいてうによらん郭公〈其角〉」
② 未婚の女性や、後家などに愛人ができる。また、遊女・若衆などに情夫ができる。虫がいる。虫がさす。
※雑俳・江戸すずめ(1704)「さかりなり・わか衆に虫の付く十五」
浮世草子・傾城禁短気(1711)三「小さき時から世話と金とを入し娘に、虫(ムシ)がつきそふにて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

虫が付くの関連情報