夜光塗料(読み)ヤコウトリョウ

百科事典マイペディアの解説

夜光塗料【やこうとりょう】

発光塗料とも。蛍光(けいこう)またはリン光を発する塗料。蛍光体やリン光体を顔料とし,展色剤にはダンマル,酢酸ビニル樹脂などを用いる。蛍光体としては硫化亜鉛などアルカリ土類金属の硫化物に賦活剤(銅,銀,ビスマス,マンガンなど)を微量加えたもののほか,ローダミンエオシンなどの蛍光染料,ローダミンのタングステン酸塩などの蛍光顔料も用いられる。またラジウムなどの放射性物質を微量添加して,放出されるα線の刺激により夜間や暗所でも自ら発光するようにした自発光塗料もある。蛍光の色は赤,だいだい,黄,緑,青など。広告,道路標識,計器類の文字盤などに利用。
→関連項目塗料

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やこうとりょう【夜光塗料 luminous paint】

可視光線,紫外線以下の短波長の電磁波や,α線等の放射線を受け,そのエネルギーを可視光線に変化させる性質をもつ蛍光体,リン光体を主要顔料とする塗料。蓄光型と発光型とがあり,狭義には後者を夜光塗料(発光塗料)という。一般に,無機または有機蛍光体を展色剤に混ぜてつくる。硫化亜鉛ZnSを母体とし,これに賦活剤として銅を添加し,融剤を混ぜて焼成した緑色の蛍光体が最も多く用いられている。これを使用した塗膜は光の刺激で夜間(暗所)でも十分長時間発光する(蓄光型)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夜光塗料
やこうとりょう
luminous paint

発光塗料ともいう。リン光体を良質の揮発性ワニスなどと練り合わせた塗料である。暗所または夜間に自力で特殊の発光(リン光という)をするもので、一般に放射性物質としてラジウムやウランなどが微量入ったアルカリ土類金属(カルシウム、マグネシウム、バリウムなど)または亜鉛の硫化物がリン光体として用いられる。発光は放射性物質から出るα(アルファ)線によって硫化亜鉛などが刺激を受けておこる。時計の文字盤や計測器の指針、目盛りなどに用いられる。[垣内 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

やこう‐とりょう ヤクヮウトレウ【夜光塗料】

〘名〙 光や電子線、X線などをうけて発光する塗料に少量の放射性物質を加えたもの。夜間や暗所でも発光する。時計や計測器の文字板、夜間標識などに用いる。
※銀座二十四帖(1955)〈井上友一郎〉一二「コニイが美しいと思ったのは、〈略〉夜光塗料の標識板で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜光塗料の関連情報