コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜光塗料 ヤコウトリョウ

5件 の用語解説(夜光塗料の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やこう‐とりょう〔ヤクワウトレウ〕【夜光塗料】

発光塗料

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

夜光塗料【やこうとりょう】

発光塗料とも。蛍光(けいこう)またはリン光を発する塗料。蛍光体やリン光体を顔料とし,展色剤にはダンマル酢酸ビニル樹脂などを用いる。蛍光体としては硫化亜鉛などアルカリ土類金属の硫化物に賦活剤(銅,銀,ビスマスマンガンなど)を微量加えたもののほか,ローダミンエオシンなどの蛍光染料,ローダミンのタングステン酸塩などの蛍光顔料も用いられる。
→関連項目塗料

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

やこうとりょう【夜光塗料 luminous paint】

可視光線,紫外線以下の短波長の電磁波や,α線等の放射線を受け,そのエネルギー可視光線に変化させる性質をもつ蛍光体,リン光体を主要顔料とする塗料。蓄光型と発光型とがあり,狭義には後者を夜光塗料(発光塗料)という。一般に,無機または有機蛍光体を展色剤に混ぜてつくる。硫化亜鉛ZnSを母体とし,これに賦活剤として銅を添加し,融剤を混ぜて焼成した緑色の蛍光体が最も多く用いられている。これを使用した塗膜は光の刺激で夜間(暗所)でも十分長時間発光する(蓄光型)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やこうとりょう【夜光塗料】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夜光塗料
やこうとりょう
luminous paint

発光塗料ともいう。リン光体を良質の揮発性ワニスなどと練り合わせた塗料である。暗所または夜間に自力で特殊の発光(リン光という)をするもので、一般に放射性物質としてラジウムウランなどが微量入ったアルカリ土類金属(カルシウムマグネシウムバリウムなど)または亜鉛の硫化物がリン光体として用いられる。発光は放射性物質から出るα(アルファ)線によって硫化亜鉛などが刺激を受けておこる。時計の文字盤や計測器の指針、目盛りなどに用いられる。[垣内 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夜光塗料の関連キーワード赤外線電磁波可視光線紫外線紫外線顕微鏡不可視光線UVC太陽光非電離放射線ミリカン線(紫外線)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

夜光塗料の関連情報