コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜘蛛の糸 くものいと

5件 の用語解説(蜘蛛の糸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蜘蛛の糸
くものいと

歌舞伎舞踊曲。常磐津。本名題『蜘蛛糸梓弦 (あずさのゆみはり) 』。明和2 (1765) 年江戸市村座で『降積花 (ふりつむはな) 二代源氏』の1番目大切所作事として初演。作詞金井三笑,作曲佐々木市蔵。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くも‐の‐いと【蜘蛛の糸】

クモの出す糸。出糸腺から出る粘液が大気に触れて糸状となったもの。測量用望遠鏡の十字線などに利用される。 夏》
[補説]作品名別項。→蜘蛛の糸

くものいと【蜘蛛の糸】[作品名]

歌舞伎舞踊常磐津(ときわず)。本名題「蜘蛛糸梓弦(くものいとあずさのゆみはり)」。金井三笑作詞、初世佐々木市蔵作曲。明和2年(1765)江戸市村座初演。土蜘蛛の精が、切り禿(かむろ)の少女・仙台座頭・山伏と変化するところが眼目。
芥川竜之介短編小説。大正7年(1918)「赤い鳥」誌に発表。悪党カンダタが、釈迦(しゃか)が天から下ろした蜘蛛の糸にすがって極楽へと上るが、我欲のために再び地獄へと落ちる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くものいと【蜘蛛の糸】

歌舞伎舞踊の一。常磐津ときわず。本名題「蜘蛛糸梓弦くものいとあずさのゆみはり」。金井三笑作詞。1765年江戸市村座で初演。能「土蜘蛛」に基づく。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蜘蛛の糸
くものいと

歌舞伎(かぶき)舞踊劇。常磐津(ときわず)。本名題(ほんなだい)『蜘蛛糸梓弦(くものいとあずさのゆみはり)』。金井三笑(さんしょう)作。初世佐々木市蔵作曲。1765年(明和2)11月、江戸・市村座で9世市村羽左衛門らにより初演。顔見世狂言『降積花(ふりつむはな)二代源氏』の一番目大詰で、土蜘蛛(つちぐも)の精が切禿(きりかむろ)のお茶汲童(ちゃくみわらべ)、仙台座頭、山伏と次々に化けて源頼光(らいこう)の寝所を襲うが、梓巫女(あずさみこ)に見顕され、坂田公時(さかたのきんとき)、碓井貞光(うすいさだみつ)に退治されるという筋。「土蜘蛛物」の舞踊劇としても、現存する常磐津曲としても最古の作。後世、改訂作が多く生まれ、現代では3世河竹新七作『蜘糸宿直噺(くものいとおよづめばなし)』(1889)が流行。土蜘蛛が切禿・仙台座頭・傾城(けいせい)の3役に化ける趣向で、座頭の仙台浄瑠璃(じょうるり)のくだりは原曲のままで眼目になっている。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蜘蛛の糸の関連キーワード釣女市原野薄雪常磐津二人道成寺奴道成寺常磐津一巴太夫常磐津兼太夫(初代)常磐津千東勢太夫常磐津文字翁

蜘蛛の糸の関連情報