(読み)まじ

精選版 日本国語大辞典の解説

まじ【蠱】

[1] 〘語素〙 呪術の意を表わす。「まじこる」「まじなう」「まじもの」「まじわざ」など。
[2] 〘名〙 =まじもの(蠱物)
※二十五絃(1905)〈薄田泣菫〉霜月の一夕「さながら蠱(マジ)の手練(てだれ)に、魑魅(すだま)よ、はららに逃ぐる如く」

こ【蠱】

〘名〙 易の六十四卦の一つ。。上卦は艮(ごん)(山)、下卦は巽(そん)(風)。山風蠱ともいう。蠱は故(こ)の音通で、この場合は事の意。風が吹いて山林中の汚気を一掃するかたちから、旧弊を一新するさまを示すとされる。

まじ‐く・る【蠱】

〘他ラ四〙
① まじないをして、わざわいをこうむらせる。
※細流抄(1525‐34)三「俗語に如形物を沙汰するをましなふといへり、沙汰しまじくりてをくなるべし」
② ごまかす。まぎらかす。うわべをうまくとりつくろう。

まじ‐こ・る【蠱】

〘自ラ四〙 呪力に引き入れられる。また、そのためにわざわいにあう。呪詛(じゅそ)を受ける。
※御巫本日本紀私記(1428)神代下「当遭害〈末志古礼奈牟(マシコレなむ)〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android