コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血栓性静脈炎 けっせんせいじょうみゃくえんthrombophlebitis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

血栓性静脈炎
けっせんせいじょうみゃくえん
thrombophlebitis

静脈血栓症ともいう。静脈内に血栓が形成され,炎症反応が血管壁にみられる状態をいう。真の原因は不明であるが,緩徐な血流,凝固時間の短縮などが,血栓形成を促進する因子になる。主として下肢の静脈に生じる。急性および慢性の感染症,手術後,分娩後,心不全悪性腫瘍などの際に起りやすいが,まったくの健常者に起ることもある。急性血栓性静脈炎では,下肢は腫脹して痛みがあり,チアノーゼを呈する。慢性症では,症状は頻脈と微熱程度で,数日後に圧痛が起る。静脈内の血栓は剥離しやすく,肺の塞栓や梗塞は重大な合併症である。急性症の場合の治療は,大腿静脈と腸骨静脈から凝塊を外科的に摘出する。また,抗凝血薬の投与,下肢の圧迫包帯,早期歩行などによって,凝血の溶解,肺塞栓の予防をはかる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

血栓性静脈炎の関連キーワード全身性エリテマトーデス(SLE/紅斑性狼瘡)血栓性静脈炎(静脈血栓症)デキストラン硫酸ナトリウムベーチェット病の診断基準バッド=キアリ症候群腰部脊柱管狭窄症ベーチェット病痔核(いぼ痔)ビュルガー病門脈血栓症避妊薬静脈瘤

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

血栓性静脈炎の関連情報