行勝(読み)ぎょうしょう

朝日日本歴史人物事典の解説

行勝

没年:建保5.5.7(1217.6.12)
生年大治5(1130)
平安末期の真言宗の僧で,穀味を断ち山野を跋渉した木食上人として有名。仁和寺で密教灌頂を授かり,全国の聖地霊岳を訪ねて荒行に徹し霊力を獲得。やがて高野山に住して復興に邁進した。仏教,神道ともに通じ,卓越した人格と霊力ゆえに貴賤を問わぬ尊崇を受けた。

(正木晃)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android