コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行勝 ぎょうしょう

1件 の用語解説(行勝の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

行勝

没年:建保5.5.7(1217.6.12)
生年:大治5(1130)
平安末期の真言宗の僧で,穀味を断ち山野を跋渉した木食上人として有名。仁和寺で密教灌頂を授かり,全国の聖地霊岳を訪ねて荒行に徹し霊力を獲得。やがて高野山に住して復興に邁進した。仏教,神道ともに通じ,卓越した人格と霊力ゆえに貴賤を問わぬ尊崇を受けた。

(正木晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

行勝の関連キーワード藤原頼経延朗雅西行勝(2)俊海定兼宅磨為久藤原頼経(1)正恒(2)頼円(2)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

行勝の関連情報