コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行軍将棋 コウグンショウギ

デジタル大辞泉の解説

こうぐん‐しょうぎ〔カウグンシヤウギ〕【行軍将棋】

将棋の一。軍隊階級兵種などに分けた味方に配し、早く敵の軍旗の駒を取ったほうを勝ちとする。軍人将棋。いくさ将棋。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうぐんしょうぎ【行軍将棋】

小将棋(詰将棋)を基に創作された将棋遊び。軍人将棋ともいう。芥川竜之介の《少年》には行軍将棋とある。日清,日露の両戦争に影響をうけ考案された。陸軍の組織を模して創作されているが,内容構成,駒数,盤目の取り方は,時代や製作元により多少異なる。初期は,歩兵・騎兵工兵砲兵(大砲)・間者に,少尉から大将(元帥)までの階級・軍旗などの駒で構成されていた。その後間者はスパイと改名され,戦車(タンク)・地雷などが新たに登場。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうぐんしょうぎ【行軍将棋】

児童用のゲームの一。将兵・兵種・兵器など強弱の定まった駒を伏せて交互に進め、両軍の駒が出合うと、第三者が判定して、弱い方をのぞく。敵の本陣に入れば勝ちとなる。軍人将棋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

行軍将棋の関連キーワード日本の遊び・玩具史(年表)第三者本陣両軍将兵強弱交互兵器

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行軍将棋の関連情報