街頭録音(読み)ガイトウロクオン

世界大百科事典 第2版の解説

がいとうろくおん【街頭録音】

民衆の意見を直接聞くため街頭から行う放送番組。第2次大戦後の放送民主化のなかでアメリカの番組《Man on the street》を参考に1946年5月NHKに登場,爆発的人気を集め,その後民放でも多く放送された。だが特定の集団にマイクを占拠されるなどの事件からNHKでは57年に定時枠から消えた。しかしテレビ時代に入って多くの視聴者参加番組を生む先駆的役割を果たした。それは視聴者のアクセス権という概念に発展している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

がいとうろくおん【街頭録音】

ラジオ放送で、その時々の問題に関する大衆の意見を街頭で録音し、放送する番組。街録。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

街頭録音
がいとうろくおん

終戦直後の1946年(昭和21)から始まったNHKのラジオ番組。アナウンサーが街頭に出て、現実的な諸問題について一般市民の意見を聞いたり、討論させたりする手法をとった。マイクを国民に開放し、国民の発言を全国に放送したという点で画期的なものであった。深刻な食糧問題を取り上げたり、「夜の女」の生態の紹介に大きな反響があって本人が更生の道を歩む決心をしたり、新憲法に関するテーマで半年間全国各地を巡回するなど、後の社会派番組の一つの原型となった。[田村穣生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

がいとう‐ろくおん【街頭録音】

〘名〙 ラジオ、テレビで街頭に録音・中継装置を設け、一定のテーマに対し一般大衆の意見を収録、公開する番組。街録。
※家庭の幸福(1948)〈太宰治〉「夜の八時だか九時だかに、私は妙なものを聴取した。街頭録音といふものである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android