コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

らん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


らん

裳やの横にはぐ布のこと。それをつけることによって裾の開きが大きくなって歩行に便利なため,武官正装とされた縫腋 (ほう) や束帯内衣である半臂 (はんぴ) などにつけた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

らん【×襴】

縫腋(ほうえき)の袍(ほう)・半臂(はんぴ)・小直衣(このうし)などの裾に足さばきのよいようにつけた横ぎれ。すそつき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らん【襴】

縫腋ほうえきの袍ほうや直衣のうしなどの裾に付けた横布。すそつき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【襖】より

…〈衣服令〉に位襖(いあお)と書かれているのがそれで,位階によって差別づけ,服色を分かった。これは襴(らん)(衣のすそにつけた細い裂)のない衣で,腋(わき)の開いたものであった(《令集解》)。後にはこれが闕腋袍(けつてきのほう)になった。…

【袍】より

…奈良時代から平安時代初期にかけての袍は身ごろも袖も細いものであったが,平安時代中期以降,服装の和様化,長大化によって,身ごろが広く,袖丈が長いものに変わった(図)。袍の形に2種あり,文官の用いるものは両脇が縫いふさがり,裾に襴(らん)がついた,有襴(うらん)の袍または縫腋袍(ほうえきのほう)といい,若年や武官の用いるものは両脇を縫いふさがず開いていて,襴をつけていないもので,(あお)とか無襴の袍,または闕腋袍(けつてきのほう)と呼んだ。なお,縫腋袍の前身ごろをたくし上げて,かい込みをする分だけ前もって後腰の部分をたくし上げて縫いとめたものを格袋(はこえ)と呼んでいる。…

※「襴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

襴の関連キーワード襖(衣服)金糸・銀糸蟻先・衽先金襴・銀襴ブロケード素絹の衣西陣金襴錦の袈裟金襴緞子金ぴか物縫腋の袍荒磯模様富本憲吉闕腋の袍裾着・襴宮簀媛針屋裂古金襴金襴手具足下

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android