コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布袴 ホウコ

世界大百科事典 第2版の解説

ほうこ【布袴】

公家服装の一種。正装である束帯に準ずるもの。束帯で着用される表袴(うえのはかま)の代りに指貫(さしぬき)をはく。指貫はもと布(植物性繊維のもの)製で布袴(ふこ)と呼ばれ,そのためこの袴をはいた束帯姿を布袴といった。これはややくだけた姿のため,初め朝廷で危急の場合,側近の者に限って許された。たとえば982年(天元5)11月に内裏焼失のとき,天皇が職曹司(しきのそうじ)に移られるのに,大臣以下は布袴で従ったと《日本紀略》にあり,布袴装束のとき,公卿は野太刀に革紐を用いると《西宮記》にあって,公事以外の私的行事や非常の場合に着装されたことが知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうこ【布袴】

〔麻・太布たふなどで作ったことから〕 指貫さしぬきの別称。のち、絹製のものを指貫、麻製のものを布袴と区分することもある。
束帯の表袴うえのはかま・大口に代えて指貫・下袴を用いた装い。束帯に次ぐ礼装。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

布袴
ほうこ

公家(くげ)服装の一種。参朝や儀式、行事に着用される文官の束帯(そくたい)の変化形式で、それに準ずるもの。束帯のときにはく表袴(うえのはかま)と大口(おおぐち)のかわりに指貫(さしぬき)と下袴(したばかま)を用いる。指貫は、元来、布(麻布)でつくられた袴で、布袴(ふこ)といわれ、したがってこの袴をはく束帯姿を布袴(ほうこ)とよんだ。これは束帯より略装であるため、朝廷における火急の場合に側近の者に限って着用を許され、また公卿(くぎょう)の私的な行事に用いられた。『雅亮(まさすけ)装束抄』に「ほうこといふ事あり、きぬさしぬきうるはしくきて、そのうへにしたがさねきて、うへのきぬにしりつくりて、おびさしてさくをもつなり」とある。なお、直衣(のうし)に下襲(したがさね)を着て、冠をかぶる姿を直衣布袴(ほうこ)とよんだ。これは冠直衣より改まった装束である。[高田倭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の布袴の言及

【布袴】より

…束帯で着用される表袴(うえのはかま)の代りに指貫(さしぬき)をはく。指貫はもと布(植物性繊維のもの)製で布袴(ふこ)と呼ばれ,そのためこの袴をはいた束帯姿を布袴といった。これはややくだけた姿のため,初め朝廷で危急の場合,側近の者に限って許された。…

【服装】より

…一方,庶民の間では,依然として貫頭衣系の衣服の着用が続いたが,律令国家は庶人が仕丁等で朝廷公事に従事するに際しても,〈制服〉として袴を着用することを規定し,奴についても袴等の〈制服〉を支給することが規定されたので,8世紀の半ばには,少なくとも公的次元にかかわる限りにおいては袴の着用が徹底されたらしい。【武田 佐知子】 このように奈良時代から平安時代初期にかけては唐風の服装が流行したが,遣唐使派遣の中止と律令体制の不成功は服装のうえにも反映して,平安中期になると礼服の着用が衰え,朝服が大きく変化して束帯となり,これが礼装として行われ,それを簡略化した布袴(ほうこ)・衣冠が準礼装として用いられた。束帯は奈良時代の朝服が日本化したもので,平安後期に入ると被り物に変化が起こって冠となり,衣も袖が広袖となり,裄(ゆき)や丈が増大し,各部が誇張されたうえにのり付けが行われ,いわゆる強装束(こわしようぞく)となった。…

※「布袴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

布袴の関連キーワード乎・個・古・呼・固・壺・姑・孤・己・庫・弧・戸・扈・故・枯・沽・湖・狐・糊・股・胡・虎・虚・蠱・袴・誇・錮・雇・顧・鼓指貫(衣服)くくり袴石帯太布別称表衣衣冠鷹狩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android