コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根釧台地 こんせんだいち

7件 の用語解説(根釧台地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

根釧台地
こんせんだいち

別称根釧原野は未開発時代のこの地域一帯に与えられた呼称。北海道東部,釧路川以東,根室海峡にかけて展開する広大な台地。面積約 2000km2。標高は 200m以下で,100m以下が大部分を占める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こんせん‐だいち【根釧台地】

北海道東部、釧路から東の広大な台地。酪農が盛ん。根釧原野。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

根釧台地【こんせんだいち】

北海道東部,根室,釧路両地域にまたがる標高200m以下の台地。根釧原野ともいう。火山灰土の低湿地や泥炭地が多く,海岸部は濃霧がかかり作物生育は困難であるが,1954年から世界銀行の融資でパイロットファームがつくられた。
→関連項目別海[町]北海道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こんせんだいち【根釧台地】

北海道東部,釧路・根室両支庁管内にまたがる標高200m以下の広大な台地。根釧原野とも呼ばれる。地形の上では丘陵地帯,沖積地,山麓台地の三つに分けられる。面積はおよそ5000km2に及ぶ。台地の大部分を占める標高100m以下の丘陵地帯は標津(しべつ)線転換バス路線の標茶(しべちや)~中標津間の南側に広がり,厚さ約2~10mの火山灰層が洪積層の上を覆っている。沖積地は,丘陵地帯に浅い谷を形成しながら東に向かって流れる標津,春別,床丹,西別,風蓮などの河川沿いに見られ,その大部分が泥炭層の湿地となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こんせんだいち【根釧台地】

北海道東部、釧路くしろ川以東に広がる台地。酪農が盛ん。根釧原野。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕根釧台地(こんせんだいち)


北海道東部に広がる広大な台地。摩周(ましゅう)火山の噴出物による台地で、釧路(くしろ)川東岸から根室(ねむろ)海峡沿岸におよぶ。標高約200m以下。根釧原野とも。標津(しべつ)川・春別(しゅんべつ)川・西別(にしべつ)川などが東流・南東流し、沿岸沖積地に泥炭地や湿地をつくる。海霧による低温と火山灰土壌のため畑作には不適。1955年(昭和30)からパイロットファーム計画により、酪農専業地帯として開拓が進められた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

根釧台地
こんせんだいち

北海道東部、釧路(くしろ)川以東から根室(ねむろ)海峡に至る広大な台地。根釧原野ともいう。面積約2000平方キロメートル。標高100メートル以内の台地で、2~10メートルに達する火山灰層が台地面を被覆する特殊な土壌地帯である。標津(しべつ)、春別(しゅんべつ)、床丹(とこたん)、西別(にしべつ)、風蓮(ふうれん)などの主要河川は東方ないし南東方向へ流れ、河谷は泥炭地を形成する。年平均気温6℃、内陸部でさえ最暖月の平均が20℃を割る低温、夏期の多湿、短い無霜期間、低い地力が災いして、穀物主体の畑作は成功しなかったため、北海道庁は1932年(昭和7)から根釧原野開発五か年計画を実施し、畑作、乳牛飼育を結合した混同経営方式を奨励した。第二次世界大戦後、台地の大部分が牧草地に変わり、乳牛を多頭飼育する草地型酪農が発展した。[古川史郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

根釧台地の関連キーワード阿寒雄冬岬釧路平野根室本線北海道東方沖地震釧路道東根室北海道釧路郡北海道釧路郡釧路町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

根釧台地の関連情報