コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西学 セイガク

デジタル大辞泉の解説

せい‐がく【西学】

西洋の学問

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せいがく【西学 Xī xué】

中国で西洋の文化全般を総称した語。17~18世紀の間,イエズス会士たちが中国に来たころにできた語であろう。マテオ・リッチをはじめとする宣教師たちは,このとき伝道の手段として天文学,数学を主とする最新の科学技術を中国にもたらしたが,それは当時,改暦と正しい暦計算の必要に迫られていた明王朝に歓迎された。徐光啓,李之藻(りしそう)らの高級官僚は積極的に西学を摂取し,科学技術書のみならず,宗教,哲学の書も大量に中国語に翻訳され,知識人の間にかなり浸透した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいがく【西学】

西洋の学問。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

西学の関連キーワード馮桂芬(ふうけいふん)マテオ・リッチ丁若【よう】野口 援太郎藤井 正太郎関西大学野球笹森卯一郎朝鮮の宗教前田 妙子寿岳 文章韓国の宗教大塚 高信中体西用論鵜崎庚午郎古武 弥正藤樹学派関関同立実方 清源 豊宗芳賀 檀

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西学の関連情報