コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海国図志 かいこくずしHai-guo tu-zhi; Hai-kuo t`u-chih

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海国図志
かいこくずし
Hai-guo tu-zhi; Hai-kuo t`u-chih

中国,清末の地理書。 19世紀前半までの世界情勢を記してある。魏源の著。道光 22 (1842) 年刊の 50巻本,同 27年刊の 60巻本,咸豊2 (52) 年刊の 100巻本の3種がある。歴代の地理歴史書,明代以後の西洋地誌,地図などを参照し執筆された。アヘン戦争後の民族的危機を鋭く意識して,富国強兵のための近代的軍備の創設,殖産興業の必要などを説いている。その一部は幕末日本で刊刻され,志士たちに影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいこくずし【海国図志 Hǎi guó tú zhì】

中国,清末の魏源が著した海外事情紹介をも兼ねた地理書。魏源は第1次アヘン戦争(1840)のとき,捕虜になったイギリス兵の口述をもとに《英吉利小記》をつくってイギリス事情を紹介,翌年夏,欽差大臣両広総督を罷免された林則徐の依頼により《海国図志》の編纂に着手した。これは林則徐訳《四洲志》(H.マーリ《地理学百科Encyclopaedia of Geography》(1834)の漢訳),林則徐訳《澳門月報》をはじめ漢訳された欧米の地理書や歴代の史書・地理書に載る外国の記述を編集し,各地域の地図を付したものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の海国図志の言及

【ブリッジマン】より

…林則徐が,幕僚にこの雑誌の記事を訳させて参考にしたことは名高い。この訳文はのち魏源の《海国図志》(初刊の50巻本は1844年刊)に利用され,翻刻によって日本でも広く知られた。カルバートソンと共訳した《新約全書》《旧約全書》(いずれも1863。…

※「海国図志」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

海国図志の関連キーワード横井小楠

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android