コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西尾実 にしおみのる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西尾実
にしおみのる

[生]1889.5.14. 長野
[没]1979.4.16. 東京
国文学者,国語教育学者。 1915年東京帝国大学国文科選科修了。東京女子大学,法政大学教授,および国立国語研究所初代所長を歴任。第2次世界大戦後,研究者や能楽師集り「能楽ルネッサンスの会」における世阿弥伝書を読む会で指導的役割を果した。中世文学関係の著書に『中世的なものとその展開』 (1961) ,校注『歌論集 能楽論集』 (61) ,『世阿弥の能芸論』 (74) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にしお‐みのる〔にしを‐〕【西尾実】

[1889~1979]国文学者・国語教育学者。長野の生まれ。国立国語研究所初代所長。中世文学の研究のほか、国語教育にも貢献した。著「中世的なものとその展開」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西尾実 にしお-みのる

1889-1979 大正-昭和時代の国文学者,国語教育家。
明治22年5月14日生まれ。東京女子大,法大の教授を歴任。昭和24年国立国語研究所初代所長。「徒然草(つれづれぐさ)」,世阿弥(ぜあみ),道元(どうげん)の研究で知られ,また国語辞典,教科書の編集にもあたった。昭和54年4月16日死去。89歳。長野県出身。東京帝大卒。著作に「日本文芸史における中世的なもの」「言語生活の探求」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にしおみのる【西尾実】

1889‐1979(明治22‐昭和54)
国文学者,国語教育者。長野県下伊那郡阿南町出身。西尾弁弥の次男。長野師範を経て1915年東京大学国文科選科を修了。東京女子大,法政大学教授等を歴任。49年国立国語研究所初代所長に就任,研究所の整備に尽力した。国語教育,日本人の言語生活に関する研究,中世文学を中心とする日本文学研究の3領域に多大の貢献をなした。国語教育の著書に,《国語国文の教育》《国語教育学の構想》などが,言語生活に関しては《言語生活の探究》ほかがあり,《西尾実国語教育全集》10巻(1974‐76)にまとめられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

にしおみのる【西尾実】

1889~1979) 国文学者・国語教育学者。長野県生まれ。東大卒。中世文学を中心とした国文学研究のほか、国語教育学の樹立にも貢献。国立国語研究所の初代所長。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西尾実
にしおみのる
(1889―1979)

国文学者、国語教育学者。長野県豊(ゆたか)村(現阿南(あなん)町)に生まれる。長野師範学校卒業後、東京帝国大学国文学科選科修了。中等学校教諭を経て、東京女子大学、法政大学教授、初代国立国語研究所長などを務めた。国文学では、とくに中世の『徒然草(つれづれぐさ)』、世阿弥(ぜあみ)、道元の著作を研究し、『中世的なものとその展開』(1961)、『世阿弥の能芸論』(1974)などがある。また国語教育では、「読み」の構造とその教育を論じた『国語国文の教育』(1929)のほか、『言葉とその文化』(1947)、『国語教育学の構想』(1951)などがある。[古田東朔]
『『西尾実国語教育全集』10巻・別巻二(1974~78・教育出版) ▽『西尾実書簡集』(1985・下伊那教育会) ▽長野県国語教育学会編『西尾実研究』(1983・教育出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

西尾実の関連キーワード西尾レントオール正法眼蔵随聞記わらんべ草さび(寂)国語問題昭和時代風姿花伝新撰髄脳西尾 実正徹物語西尾光一恩田木工無名抄樹立

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西尾実の関連情報