コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西川甚五郎 にしかわじんごろう

世界大百科事典 第2版の解説

にしかわじんごろう【西川甚五郎】

近江商人西川家の2代目および9代目以降が襲名した名前。初代は近江国蒲生郡出身で,はじめは越前方面へ魚類塩物行商を行ったが,やがて近江八幡に店を構え,1615年(元和1)には江戸日本橋に出店を開き,蚊帳と畳表の販売に従事した。2代(1582‐1675)はこれを継承し,近江蚊帳の特徴である萌葱(もえぎ)色を創案した。その後堅実な商法家業は発展し,江戸に別店,京都にも店を開く。9代(1804‐62)は幕府御用弓師となり,江戸の弓販売を独占した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西川甚五郎の関連情報