コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西村伊作 にしむら いさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西村伊作 にしむら-いさく

1884-1963 大正-昭和時代の教育者。
明治17年9月6日生まれ。大正10年与謝野鉄幹(よさの-てつかん)・晶子(あきこ)らの協力で文化学院を創立し,芸術を重視した自由な学風の教育をめざす。昭和18年不敬罪で逮捕され,学院も強制閉鎖された。戦後21年に再開。昭和38年2月11日死去。78歳。和歌山県出身。明道中学(広島市)卒。自伝に「我に益あり」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にしむらいさく【西村伊作】

1884‐1963(明治17‐昭和38)
教育家。和歌山県新宮に生まれる。大山林地主の息子として育ち,その財力を生かして美術,建築,陶芸などを学び,国際感覚を身につけた。長女の小学校卒業に際し,その個性を伸ばしうる自由な学校を求め,与謝野寛・晶子,石井柏亭河崎なつらの協力を得て,みずから出資し,1921年東京駿河台に文化学院を創設した。〈日本人として未来の文化的生活を営む素養を与える〉ことを目的に掲げ,また校長として,個性の尊重,男女の平等をめざす自由主義的教育を実践した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

にしむらいさく【西村伊作】

1884~1963) 教育家。和歌山県生まれ。1921年(大正10)東京駿河台に文化学院を設立、自由主義教育を行なった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西村伊作
にしむらいさく
(1884―1963)

文化学院の創設者、校長。和歌山県新宮に生まれる。1921年(大正10)わが子の教育のために文化学院を設立し、与謝野晶子(よさのあきこ)、石井柏亭(はくてい)らの協力を得て、芸術による自由主義的な教育を行う。1943年(昭和18)不敬罪容疑で逮捕され、文化学院も強制閉鎖措置を受ける(戦後再開)。主著に『生活を芸術として』(1922)、『我に益あり』(1960)などがある。[三原芳一]
『文化学院史編纂室編『愛と叛逆――文化学院の50年』(1971・文化学院出版部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

西村伊作の関連キーワード和歌山県新宮市伊佐田町ルヴァン美術館西村 伊作昭和時代石田アヤ新教育教育者

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西村伊作の関連情報