コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西村伊作 にしむら いさく

4件 の用語解説(西村伊作の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西村伊作 にしむら-いさく

1884-1963 大正-昭和時代の教育者。
明治17年9月6日生まれ。大正10年与謝野鉄幹(よさの-てつかん)・晶子(あきこ)らの協力で文化学院を創立し,芸術を重視した自由な学風の教育をめざす。昭和18年不敬罪で逮捕され,学院も強制閉鎖された。戦後21年に再開。昭和38年2月11日死去。78歳。和歌山県出身。明道中学(広島市)卒。自伝に「我に益あり」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

にしむらいさく【西村伊作】

1884‐1963(明治17‐昭和38)
教育家。和歌山県新宮に生まれる。大山林地主の息子として育ち,その財力を生かして美術,建築,陶芸などを学び,国際感覚を身につけた。長女の小学校卒業に際し,その個性を伸ばしうる自由な学校を求め,与謝野寛・晶子,石井柏亭,河崎なつらの協力を得て,みずから出資し,1921年東京駿河台に文化学院を創設した。〈日本人として未来の文化的生活を営む素養を与える〉ことを目的に掲げ,また校長として,個性の尊重,男女の平等をめざす自由主義的教育を実践した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にしむらいさく【西村伊作】

1884~1963) 教育家。和歌山県生まれ。1921年(大正10)東京駿河台に文化学院を設立、自由主義教育を行なった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西村伊作
にしむらいさく
(1884―1963)

文化学院の創設者、校長。和歌山県新宮に生まれる。1921年(大正10)わが子の教育のために文化学院を設立し、与謝野晶子(よさのあきこ)、石井柏亭(はくてい)らの協力を得て、芸術による自由主義的な教育を行う。1943年(昭和18)不敬罪容疑で逮捕され、文化学院も強制閉鎖措置を受ける(戦後再開)。主著に『生活を芸術として』(1922)、『我に益あり』(1960)などがある。[三原芳一]
『文化学院史編纂室編『愛と叛逆――文化学院の50年』(1971・文化学院出版部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西村伊作の関連キーワード徳川好敏荒井恵牛山充岡崎忠雄川面義雄関桂三徳川家正宮沢裕毛利教武横山助成

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西村伊作の関連情報