コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西村道仁 にしむらどうにん

7件 の用語解説(西村道仁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西村道仁
にしむらどうにん

室町時代末期~安土桃山時代に活躍した鋳金工。名は国次。京都三条釜座に住んだ。織田信長に仕え,「天下一」の号を許された。武野紹鴎 (じょうおう) の釜師として活躍したとも伝えられる。釜は無文,荒肌で,芦屋釜の長所を取入れて京釜の基礎をつくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

西村道仁【にしむらどうにん】

室町末〜桃山時代の釜師。京都三条釜座(かまんざ)に住み,通称は国次。武野紹鴎の釜師として活躍,織田信長から〈天下一〉の称号を許された。芦屋釜の長所をとり,桃山時代以前の代表的な京釜の作者となる。
→関連項目茶釜名越善正

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西村道仁 にしむら-どうにん

?-? 戦国-江戸時代前期の釜(かま)師。
天下一と称する。武野紹鴎(じょうおう)の釜師で,紹鴎好みの釜「さくら川」をつくったという。釜以外に文禄(ぶんろく)2年(1593)銘の山形県羽黒山擬宝珠(ぎぼし),慶長11年銘の京都妙蓮寺の灯籠(とうろう)などがのこっている。千利休の釜師辻与次郎の師。通称は国次。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

西村道仁

生年:生没年不詳
桃山時代の釜師。京都三条釜座に住した。名越浄祐の門人と伝える。天下一の称号を持ち,千利休の釜師である辻与次郎の師として著名である。西村道冶の『釜師之由緒』では利休の師である武野紹鴎(1502~55)時代の人で,織田信長の釜師といい,『茶道筌蹄』では紹鴎の釜師で「桜川」という釜を作ったと記している。このほか「有明」「靨」などの釜を作ったというが現存しない。在銘の作では,文禄2(1593)年銘の山形県羽黒山擬宝珠,慶長10(1605)年銘の京都本国寺梵鐘,同11年銘京都妙蓮寺灯籠,同年山形専称寺梵鐘,同年埼玉福寿院梵鐘が知られている。子または門人に西村九兵衛,弥一郎がおり,弥一郎は代々続いた。<参考文献>香取秀真『新撰茶之湯釜図録』

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にしむらどうにん【西村道仁】

1504‐55(永正1‐弘治1)
釜師,西村家の始祖。通称国次。名越浄祐の門人といわれる。京都三条釜座(かまんざ)に住し,織田信長の御用釜師として活躍し,天下一の称号を与えられた。武野紹鷗の釜師であったという説もあるが定かではない。桃山時代以前の代表的京釜の作者である。名越善正との合作も含め,3点の釜が《名物釜所持名寄》にみえ,作風は荒肌で変わった形のものが多い。釜のほかに,梵鐘,灯籠,擬宝珠などの在銘作品がある。 西村家は京都三条釜座に栄えた京釜の代表的な釜師の家。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にしむらどうにん【西村道仁】

1504~1555) 戦国時代の京都の釜師・鋳物師。西村家始祖。三条釜座に住し、天下一と称された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西村道仁
にしむらどうにん
(1504―1555)

桃山時代の釜師(かまし)。名は国次(くにつぐ)。西村家初代。京都三条釜座(かまんざ)に住した。名越善正(なごしぜんせい)とともに京釜を代表する名工で「天下一」と号し、織田信長の釜師とも、武野紹鴎(たけのじょうおう)の釜師とも伝える。西村家随一の上手といわれた道冶(どうや)の著した『名物釜所持名寄(なよせ)』には善正との合作「猿釜」や「有明釜」「靨(えくぼ)釜」を載せ、また紹鴎好みの桜川釜や、明恵上人(みょうえしょうにん)の茶の十徳釜を修補したというが、釜としては現存する確かなものはなく、擬宝珠(ぎぼし)、梵鐘(ぼんしょう)、灯籠(とうろう)に在銘作が残っている。[原田一敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の西村道仁の言及

【釜座】より

…三条釜座は鐘から鍋,釜までを造ったが,とくに鐘と茶釜の製作にたんのうであり,文明10年(1478)銘の清水寺銅鐘,延徳3年(1491)銘の旧北野社銅鐘,永正14年(1517)銘の知恩院旧鐘は現存する三条釜座製作の鐘である。方広寺の鐘を鋳た名越越前少掾藤原三昌と弟の名越弥五郎,織田信長から〈天下一〉と称された茶釜作りの名人西村道仁らの名工を輩出した。道仁作の擬宝珠は,羽前羽黒山麓までもたらされている。…

【釜師】より

…足利将軍家においては御釜師の名称も用いられたといわれるが,釜の発祥地とされる筑前芦屋や下野(しもつけ)天命では金屋を称しており,いわゆる鍋・釜や梵鐘,釣灯籠なども製作していたが,金屋大工が一般に釜師と称されるようになったのは,京釜が隆盛した安土桃山時代以後のことと考えられる。1700年(元禄13)に西村道冶が著した《釜師之由緒》には〈一,紹鷗時代京都天下一西村道仁,名越善正也。道仁は信長公御釜師…(略)…善正は家康公の御釜師浄味弥右衛門の元祖也〉とある。…

※「西村道仁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西村道仁の関連キーワード辻与次郎大西浄林釜座京釜桃山時代釜師三条釜座名越善正飯田助左衛門和田国次

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone