コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳河春三

美術人名辞典の解説

柳河春三

洋学者。名は春蔭・朝陽、字は揚大昘、通称は西村辰三・良三、号は臥孟・楊江等。上田仲敏・伊藤圭介について蘭学を修め、医を業とした。和歌山藩寄合医師・幕府開成所教授を務める。わが国最初の雑誌西洋雑誌』の刊行や『中外新聞』の発行等、マスコミ史上の先駆者となる。『洋学指針』『洋算用法』等の著訳書が多い。明治3年(1870)歿、39才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

柳河春三【やながわしゅんさん】

幕末の洋学者。日本における新聞・雑誌の創始者。名古屋の人。柳川とも書く。蘭学英学・フランス学に通じ,蕃書調所を経て開成所出仕。1868年頭取となった。維新後も引き続き開成学校に出仕,1869年大学小博士。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳河春三 やながわ-しゅんさん

1832-1870 幕末-明治時代の洋学者。
天保(てんぽう)3年2月25日生まれ。伊藤圭介,上田帯刀(たてわき)にまなび,元治(げんじ)元年開成所教授。日本初の雑誌「西洋雑誌」を慶応3年,日本人の手による民間初の新聞「中外新聞」を4年創刊した。明治3年2月20日死去。39歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。本姓栗本。名は春蔭。号は臥孟,楊江。著作に「洋算用法」,訳書に「写真鏡図説」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やながわしゅんさん【柳河春三】

1832~1870) 幕末・維新期の洋学者。名古屋の人。初名、西村辰助。開成所教授。日本における新聞・雑誌の先駆者で「西洋雑誌」「中外新聞」を創刊。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柳河春三
やながわしゅんさん

[生]天保3(1832).2.25. 名古屋
[没]明治3(1870).2.20.
幕末から明治初期にかけての洋学者,ジャーナリスト。もとの名を西村辰助 (良三) といったが,安政3 (1856) 年改名。姓は柳川とも書く。伊藤圭介に蘭学を学び,同4年江戸へ出て『洋学指針蘭学部』『洋算用法』を出版。元治1 (64) 年幕府の開成所教授職となり,慶応3 (67) 年『西洋雑誌』,同4年2月『中外新聞』を創刊,これらは日本における新聞,雑誌の先駆となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柳河春三
やながわしゅんさん
(1832―1870)

幕末の洋学者。日本における新聞・雑誌の創始者。名は春蔭(はるかげ)、号は柳屋主人など多数。天保(てんぽう)3年2月25日名古屋生まれ。初め西村辰助(たつすけ)といったが、のちに良三と改め、さらに1856年(安政3)柳河春三と改称した。漢学を学んだのち、尾張(おわり)の藩医伊藤圭介(けいすけ)のもとで蘭(らん)医学を習得。江戸に出て紀州藩に仕えた。洋学者として評判高く、1864年(元治1)幕府の開成所教授職に抜擢(ばってき)された。開成所では職務として外国新聞を翻訳していたが、しだいに新聞・雑誌に興味をもち、同僚と会訳社を組織し、回覧雑誌を編集。また伝聞したニュースを集め『新聞薈叢(わいそう)』を出した。これらの経験をもとに『西洋雑誌』(1867)『中外新聞』(1868)を発行し、日本のジャーナリズム活動に先駆的役割を果たした。1868年(慶応4)3月開成所頭取(とうどり)となる。明治維新後、『中外新聞』は佐幕派とみなされ、発行禁止となる。1869年(明治2)3月から一時再刊したが、1870年廃刊。1869年7月大学少博士に任ぜられたが、10月免官となる。明治3年2月20日死去。[有山輝雄]
『湖北社編・刊『柳河春三資料』全2冊(1985) ▽小野秀雄稿『柳河春三』(『三代言論人集 1』所収・1962・時事通信社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

柳河春三の関連キーワード官板バタビヤ新聞ジャーナリスト宇都宮三郎江湖新聞奥村精一明治時代安政初名胆略悦服諸軍耕稼撫恤不羈公行謳歌粗糙

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android