コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善の研究 ぜんのけんきゅう

3件 の用語解説(善の研究の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

善の研究
ぜんのけんきゅう

西田幾多郎著。 1911年刊。日本語で書かれた哲学書として最も広く読まれている。西欧哲学の単なる紹介の域をこえた,日本人独自の体系の樹立を試みた最初の哲学書として意義が大きい。全4編から成り,第1編は純粋経験,第2編は実在,第3編は善,第4編は宗教となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

善の研究【ぜんのけんきゅう】

西田幾多郎の処女作。1911年刊。金沢の四高で教鞭をとるかたわら,打坐参禅に努めつつ,学生に講義した草稿をまとめたもの。この書の根本的立場〈純粋経験〉はW.ジェームズの用語に由来するが,その内容は独自の東洋的精神体験を含んだもので,そこから実在・善・宗教の諸問題が論じられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

善の研究
ぜんのけんきゅう

近代日本の代表的哲学者西田幾多郎(きたろう)最初の体系的著述。1911年(明治44)刊。本書は、第1編「純粋経験」、第2編「実在」、第3編「善」、第4編「宗教」の4編よりなる。第2、第3の両編は金沢の第四高等学校での講義の草案であるが、難解なため学生が請うて印刷したことがあり、著者によると第2、第3の2編がまずでき、第1、第4の順序でできあがったものだという。
 本書は第四高等学校教授であった無名の著者をして一躍学界に有名ならしめたもの。欧米哲学摂取後、ただこれを紹介するのとは違い、自家薬籠(やくろう)中のものとするのみならず、批判すべきものは批判し、摂取すべきは摂取し、しかもいわゆる哲学の領域より文芸家、美術家の作品、ことばの潜めた深い体験に及び、さらに「純粋経験」や「生の躍進」などは禅体験からいっそう深遠な意味を付加されるに至った。当時の哲学徒をして、明治以後の日本人の手になる最初の独創的な哲学の書と称賛せしめたのも、歴史的に顧みてむべなるかなと思われる。[高山岩男]
『『善の研究』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

善の研究の関連キーワード田辺元純粋経験処女作哲学の道西田哲学会加賀の三たろう石川県かほく市内日角宇ノ気〈町〉石川県かほく市山本良吉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

善の研究の関連情報