コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善の研究 ぜんのけんきゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

善の研究
ぜんのけんきゅう

西田幾多郎著。 1911年刊。日本語で書かれた哲学書として最も広く読まれている。西欧哲学の単なる紹介の域をこえた,日本人独自の体系の樹立を試みた最初の哲学書として意義が大きい。全4編から成り,第1編は純粋経験,第2編は実在,第3編は善,第4編は宗教となっている。その基礎的な概念は「純粋経験」と呼ばれ,主客未分の,あるがままの事物の直接的な知覚をいい,思考も思想も意志も包含する性格のものである。西田はこうして「純粋概念」のみが唯一実在であると考え,それを自己の根本的立場とすることによって独我論をこえることができたとしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

善の研究【ぜんのけんきゅう】

西田幾多郎処女作。1911年刊。金沢の四高教鞭をとるかたわら,打坐参禅に努めつつ,学生に講義した草稿をまとめたもの。この書の根本的立場〈純粋経験〉はW.ジェームズの用語に由来するが,その内容は独自の東洋的精神体験を含んだもので,そこから実在・善・宗教の諸問題が論じられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

善の研究
ぜんのけんきゅう

近代日本の代表的哲学者西田幾多郎(きたろう)最初の体系的著述。1911年(明治44)刊。本書は、第1編「純粋経験」、第2編「実在」、第3編「善」、第4編「宗教」の4編よりなる。第2、第3の両編は金沢の第四高等学校での講義の草案であるが、難解なため学生が請うて印刷したことがあり、著者によると第2、第3の2編がまずでき、第1、第4の順序でできあがったものだという。
 本書は第四高等学校教授であった無名の著者をして一躍学界に有名ならしめたもの。欧米哲学摂取後、ただこれを紹介するのとは違い、自家薬籠(やくろう)中のものとするのみならず、批判すべきものは批判し、摂取すべきは摂取し、しかもいわゆる哲学の領域より文芸家、美術家の作品、ことばの潜めた深い体験に及び、さらに「純粋経験」や「生の躍進」などは禅体験からいっそう深遠な意味を付加されるに至った。当時の哲学徒をして、明治以後の日本人の手になる最初の独創的な哲学の書と称賛せしめたのも、歴史的に顧みてむべなるかなと思われる。[高山岩男]
『『善の研究』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

善の研究の関連キーワード毫釐・毫厘全知・全智倉田百三相通ずる高山岩男現ずる真摯漸漸純一最深作為感得精巧至当奇抜自家感覚達観検束包容

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

善の研究の関連情報