コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西目屋[村] にしめや

2件 の用語解説(西目屋[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にしめや【西目屋[村]】

青森県南西部,中津軽郡の村。人口2138(1995)。岩木川最上流域を占め,南部は秋田県境をなす白神山地からなり,村域の大半が山林である。弘前市に編入された旧東目屋村とともに古くから目屋と呼ばれ,近世中ごろからタバコの産地として知られた。薪炭の供給地でもあったが,現在は稲作とリンゴ栽培が中心。尾太(おつぷ)鉱山は明和年間(1764‐72)に最盛期を迎えたが,明治以降は休山を繰り返した。第2次大戦後再開発され,銅,亜鉛,鉛などの鉱山として活況を呈したが,1978年閉山した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

百科事典マイペディアの解説

西目屋[村]【にしめや】

青森県南西部,中津軽郡の村。岩木山の南麓にあたり,岩木川の源流域を占め,南には白神山地があり秋田県との境をなす。農林業が主産業であるが,1993年に白神山地が世界自然遺産に指定されたのを機に,その玄関口として訪問客が増加しており,観光業の伸びも期待されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

西目屋[村]の関連キーワード大鰐温泉津軽国定公園津軽半島弘前鰺ヶ沢今別いなかだてこどまりつるたふかうら

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone