見様(読み)ケンヨウ

デジタル大辞泉の解説

けん‐よう〔‐ヤウ〕【見様】

和歌で、対象をありのままに淡々と詠むこと。また、その歌。

み‐ざま【見様】

はたから見たようす。外見
「など、ここのさまも、―も例ならぬ」〈落窪・一〉

み‐よう〔‐ヤウ〕【見様】

物を見る方法。みかた。「見様によってはそうも考えられる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんよう【見様】

歌体の一。物を見たままに淡々と表現すること。また、その歌。

みざま【見様】

外から見た様子。外見。 「ある人の子の、-など悪しからぬが/徒然 232

みよう【見様】

見る方法。見方。 「 -によっては貴重な資料だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android