コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚助(1) かくじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚助(1) かくじょ

1013-1063 平安時代中期の僧。
長和2年生まれ。藤原道雅の子。天台宗。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺で行円・心誉に密教をまなび,同寺花王院主となる。天喜(てんぎ)3年(1055)病死した源経長の妻を修法(ずほう)の験力(げんりき)によって蘇生(そせい)させたという。康平5年四天王寺別当となった。康平6年11月11日死去。51歳。京都出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

覚助(1)の関連キーワードアゼルレッド2世気圧覚助アルプ・アルスラン気圧談合違約金減額決議と献金アトム気圧冊府元亀標準気圧

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android