コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七条仏所 しちじょうぶっしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七条仏所
しちじょうぶっしょ

定朝の子と伝えられる覚助が,平安時代後期に京都七条に創設した仏所。定朝の正系を受継いだ仏所とされ,覚助,頼助,康助,康慶,運慶,快慶,湛慶の系譜が知られる。康慶以後,名に慶の字を用いるものが多いので後世慶派と称する。平安時代から鎌倉時代にかけ康慶,運慶,快慶などが東大寺興福寺の復興と造仏事業に活躍して以後,円派,院派の仏師を圧する一大勢力となった。復古的な作風を基礎として,新しく剛健で,写実に徹した彫技を特色とする。室町時代以後は造仏の減少に伴い次第に衰微したが,江戸時代まで存続した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しちじょう‐ぶっしょ〔シチデウ‐〕【七条仏所】

定朝(じょうちょう)の子といわれる覚助(かくじょ)を祖とする仏所。京都七条にあった。鎌倉時代、運慶慶派の仏師が活躍、江戸時代に至るまで勢力をふるった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

七条仏所【しちじょうぶっしょ】

慶派

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しちじょうぶっしょ【七条仏所】

定朝じようちようの子と伝えられる覚助かくじよを祖とする仏所。康慶・運慶・湛慶らが出て、鎌倉時代以後江戸時代に至るまで勢力をふるった。仏師名に慶の字を付したところから慶派とも呼ばれる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七条仏所
しちじょうぶっしょ

鎌倉時代に活躍した仏所。定朝(じょうちょう)の子覚助(かくじょ)に始まり、その子頼助(らいじょ)から奈良に移り、鎌倉時代に入って運慶(うんけい)、快慶(かいけい)、湛慶(たんけい)らの名工を生んだ。慶の字を用いる仏師が多いので、慶派ともよばれ、のちに京都七条に仏所を構えたので、七条仏所と名づけられている。[佐藤昭夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の七条仏所の言及

【慶派】より

…定朝の子の覚助(かくじよ)(?‐1077)に始まり,康慶や運慶の一門や,その系統の仏師で,その名の一字に〈慶〉字を付すことが多い。鎌倉時代になり京都七条に仏所を置いたので,のちには七条仏所ともよばれた。覚助は父定朝に劣らぬ技能を備えていたらしいが,若年で没しており,その後をうけたのは定朝の弟子長勢,覚助の弟子院助であり,彼らは京都を中心に活躍する。…

【湛慶】より

…鎌倉初期の慶派の仏師。運慶の長男で,父なきあとの七条仏所(仏所)を主宰して活躍した。彼の作は運慶の豪快さには欠けるが,洗練された温雅な表現をとり,いかにも手がたい作品である。…

【仏師系図】より

…語義からすれば仏像製作を職業とする家の系譜であるが,美術史の上では平安時代中期に活躍した定朝を始祖とした慶派,七条仏所の木仏師の正系およびそれに準ずる人々の家系を順序に従って系譜としたものをさす。定朝を始祖とする点では院派,円派という家系もあるが,伝わっていない。…

【仏所】より

…日本の職業的仏師の最初といわれる定朝やその子,また弟子が,各自こうした仏所をつくっている。定朝の子覚助に始まり,鎌倉時代に運慶,快慶をはじめ多くの名工を生んだ七条仏所(慶派),弟子の長勢から出た三条仏所(円派),覚助の子院助に発する七条大宮仏所(院派)などがそれである。いずれも仏所の所在地を示しているようであるが,こうした呼称は鎌倉時代も後半以降のことのようで,当初はこうした呼び方ではなく,それぞれの大仏師の名を冠して呼んだのではないかと推定される。…

※「七条仏所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone