コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言語治療士 げんごちりょうし speech therapist; ST

4件 の用語解説(言語治療士の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

言語治療士
げんごちりょうし
speech therapist; ST

脳血管障害などで言語障害を生じた患者に対し,発語,会話などの訓練を行い,その障害の改善と機能回復をはかり,社会復帰を助ける専門技術者。言語障害の種類はさまざまで,話し言葉の音の障害である構音障害 speech disordersと,失語症などのように,意味内容を伝える機能の障害の起きる伝達障害 language disordersを区別して扱う考え方もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げんご‐ちりょうし〔‐チレウシ〕【言語治療士】

言語障害についての治療や訓練を行い、社会復帰を助ける人。言語療法士スピーチセラピスト。ST。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

げんごちりょうし【言語治療士 speech therapist】

医師と協力して言語障害の治療(言語治療)にあたる者をいう。言語治療はリハビリテーション医療のなかで大きな位置を占める。言語は人間のコミュニケーションの基本的な手段であると同時に,認知,記憶,思考などの働きと密接なかかわり合いをもっている。したがって言語機能に障害を生じると,単なる身体的欠陥にとどまらず,精神および人格の成長や発達をも阻害してしまう。従来,言語障害の種類として,言語発達遅滞,失語症,構音障害,麻痺性構音障害,音声障害聴覚障害,吃音などが臨床治療の対象とされているが,こうした障害の評価,診断,治療の実際については専門的知識や経験を必要とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

言語治療士
げんごちりょうし
speech therapist

言語療法士ともいい、STと略称される。言語障害の治癒または軽減を目的として原因的あるいは対症的療法を行う人をいう。医学的に言語障害を治療しても、なおなんらかの言語障害が残存する場合が多い。このようなとき、教育、学習あるいは訓練などによって治癒または軽減できることがある。この分野を受け持つのが言語治療士で、欧米では大学の言語病理学を専攻した人がこの仕事に従事しており、相当の効果をあげている。日本ではまだ制度化されておらず、独自の認定コースを設けて養成しているところもある。[河村正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

言語治療士の関連キーワード言語障害集学的治療医薬耳の日治療食言語聴覚士(ST)とその役割大熊喜代松鈴木昌樹言語障害学内言語障害

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone