コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凡そ オヨソ

2件 の用語解説(凡その意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

およそ【凡そ】

《「おおよそ」の音変化》
[名・形動]
物事のだいたいのところ。大要。あらまし。「計画の凡そは承知している」「凡その見積もりを立てる」
いいかげんなさま。ぞんざいなさま。
「かやうに大事の謡ひを―にしては叶(かな)ふまじい」〈虎明狂・二千石
[副]
大まかに言って。だいたい。約。「凡そ二キロ離れている」「被害は凡そどのくらいか」
そもそも。総じて。一般に。話を切りだすときに用いる。「凡そ日本人は働きすぎるきらいがある」
(否定的な表現を伴って用いる)全く。全然。「これは凡そおもしろくない本だ」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

およそ【凡そ】

〔「おおよそ」の転〕
( 名 )
物事の大体のありさま。あらまし。おおよそ。 「犯人の-の見当はついている」 「 -の見通し」 「事件の-がわかった」
( 副 )
断定はできないものの、その推測はかなり確かであるさま。大体のところ。約。 「駅から-五百メートル」
話を切り出す時に用いる。そもそも。一体。 「 -人間として生まれた以上、…」
(主に否定的な表現を伴って)まったく。 「政治とは-縁がない」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

凡その関連情報