コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凡そ オヨソ

2件 の用語解説(凡その意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

およそ【凡そ】

《「おおよそ」の音変化》
[名・形動]
物事のだいたいのところ。大要。あらまし。「計画の凡そは承知している」「凡その見積もりを立てる」
いいかげんなさま。ぞんざいなさま。
「かやうに大事の謡ひを―にしては叶(かな)ふまじい」〈虎明狂・二千石
[副]
大まかに言って。だいたい。約。「凡そ二キロ離れている」「被害は凡そどのくらいか」
そもそも。総じて。一般に。話を切りだすときに用いる。「凡そ日本人は働きすぎるきらいがある」
(否定的な表現を伴って用いる)全く。全然。「これは凡そおもしろくない本だ」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

およそ【凡そ】

〔「おおよそ」の転〕
( 名 )
物事の大体のありさま。あらまし。おおよそ。 「犯人の-の見当はついている」 「 -の見通し」 「事件の-がわかった」
( 副 )
断定はできないものの、その推測はかなり確かであるさま。大体のところ。約。 「駅から-五百メートル」
話を切り出す時に用いる。そもそも。一体。 「 -人間として生まれた以上、…」
(主に否定的な表現を伴って)まったく。 「政治とは-縁がない」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

凡その関連キーワード大炊ぎっぱこっちゃ徳若なんと蓮っ葉わや意固地すてぶち装物所

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

凡その関連情報