コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凡そ オヨソ

デジタル大辞泉の解説

およそ【凡そ】

《「おおよそ」の音変化》
[名・形動]
物事のだいたいのところ。大要。あらまし。「計画の凡そは承知している」「凡その見積もりを立てる」
いいかげんなさま。ぞんざいなさま。
「かやうに大事の謡ひを―にしては叶(かな)ふまじい」〈虎明狂・二千石
[副]
大まかに言って。だいたい。約。「凡そ二キロ離れている」「被害は凡そどのくらいか」
そもそも。総じて。一般に。話を切りだすときに用いる。「凡そ日本人は働きすぎるきらいがある」
(否定的な表現を伴って用いる)全く。全然。「これは凡そおもしろくないだ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

およそ【凡そ】

〔「おおよそ」の転〕
( 名 )
物事の大体のありさま。あらまし。おおよそ。 「犯人の-の見当はついている」 「 -の見通し」 「事件の-がわかった」
( 副 )
断定はできないものの、その推測はかなり確かであるさま。大体のところ。約。 「駅から-五百メートル」
話を切り出す時に用いる。そもそも。一体。 「 -人間として生まれた以上、…」
(主に否定的な表現を伴って)まったく。 「政治とは-縁がない」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

凡その関連キーワード耳を信じて目を疑う国立科学博物館日本開化小史殴り付ける大化改新詔是を以て松永尺五庚寅年籍太平御覧小島法師不可説天の下窘窮公役流れ郷長年紀優人袴着節刀

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

凡その関連情報