凡そ(読み)オヨソ

デジタル大辞泉「凡そ」の解説

およそ【凡そ】

《「おおよそ」の音変化》
[名・形動]
物事のだいたいのところ。大要。あらまし。「計画の凡そは承知している」「凡その見積もりを立てる」
いいかげんなさま。ぞんざいなさま。
「かやうに大事の謡ひを―にしてはかなふまじい」〈虎明狂・二千石
[副]
大まかに言って。だいたい。約。「凡そ二キロ離れている」「被害は凡そどのくらいか」
そもそも。総じて。一般に。話を切りだすときに用いる。「凡そ日本人は働きすぎるきらいがある」
(否定的な表現を伴って用いる)全く。全然。「これは凡そおもしろくない本だ」
[類語](1おおよそあらまし概略大略大約大要大体一通り一応一般全般に総じて概して多くおしなべておおむね大概普通通例通常一体に総体・広く・遍く広い幅広い手広い広範広範囲多方面多角多面多岐さまざま各種種種諸種いろいろ多様多様化多面的多種多種多様多彩数数いろんなとりどり色とりどり諸諸もろもろ百般万般諸般多元多元的多角的横断的複眼的全面的挙げてこぞって大方大抵粗粗あらあら粗らかざっとあらかた大ざっぱおおまか粗い粗っぽい粗削り粗放粗略粗雑粗笨そほん雑駁ざっぱく大つかみ丼勘定ラフほとんど大部分大半大多数絶対多数九分通り十中八九九分九厘多数数多無数あまた通じてほぼ/(1ほぼざっと大体大約大略無慮むりょかれこれ程度くらいばかりほどかた内外見当プラスマイナス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android