コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彼此 アレコレ

5件 の用語解説(彼此の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あれ‐これ【×此】

[代]指示代名詞。いろいろな物や事柄をさす。「彼此を考え合わせる」
[副]いろいろと。あれやこれやと。「彼此(と)思い悩む

かれ‐これ【彼×此】

[副](スル)
一つに限らず、いくつものことに及んだりかかわったりするさま。とやかく。いろいろ。「彼此うるさく言う」「彼此しているうちに、暗くなってしまった」
(時・年月・数量などを示す語を伴って)だいたいそれに近いさま。おおよそ。そろそろ。「ここに住んでから彼此一年になる」「彼此四キロ余りも歩いた」
いろいろ合わせて。全部で。
「かやうのくら事―四十八ありける」〈浮・一代男・四〉
[代]
指示代名詞。あのこと、このこと。あのもの、このもの。
「詠める歌多く聞こえねば、―を通はしてよく知らず」〈古今・仮名序〉
三人称の人代名詞。あの人とこの人。だれかれ。
「―、知る知らぬ、送りす」〈土佐

ひ‐し【彼×此】

あれとこれと。あちらとこちらと。
「―相俟(ま)って始めて全豹を彷彿する事が」〈芥川・きりしとほろ上人伝〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かれこれ【彼此】

( 副 )
いろいろな物事を漠然とまとめて示す意を表す。あれやこれや。何やかや。 「 -言うべきではない」 「 -しているうちに、日が暮れる」
(下に数値を表す語を付けて)だいたいその数値に近いさま。およそ。だいたい。おっつけ。 「 -一二時近い」 「 -一町ばかり行った所で」
あれといい、これといい。いずれにつけても。何とも。 「 -余儀なき御仕方/浮世草子・新色五巻書」
( 代 )
指示代名詞。あのものとこのもの。あの事とこの事。あれやこれや。 「よめる歌、多く聞こえねば-をかよはして、よく知らず/古今 仮名序
三人称の人代名詞。あの人とこの人。だれやかれや。 「 -知る知らぬ、送りす/土左」

ひし【彼此】

あれとこれと。あれもこれも。 「 -の別なければ万国の生民はみな同胞と言ふとも/近世紀聞 延房

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

彼此の関連キーワード分割一統各論合するくいくい日ならず二つに一つ御幾つ合綴知らず知らず

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone