略/粗(読み)ホボ

デジタル大辞泉の解説

ほぼ【略/粗】

[副]全部あるいは完全にではないが、それに近い状態であるさま。だいたい。おおよそ。「物価がほぼ2倍になる」「ほぼ満点の出来」

りゃく【略】

はぶくこと。省略。「以下」「一部
おおよそ。あらまし。
はかりごと。計略。「をめぐらす」

りゃく【略】[漢字項目]

[音]リャク(呉)(漢) [訓]ほぼ
学習漢字]5年
領土を経営する。「経略
筋道を立てた計画。「英略機略計略才略策略商略政略戦略知略武略謀略
他の領分に踏み込み、奪い取る。「略奪攻略劫略(ごうりゃく)殺略侵略
はぶく。「下略省略前略中略
細部をはぶいて簡単にしてあること。また、大体のところ。あらまし。「略字略式略称略図略歴概略簡略粗略大略
[補説]「畧」は異体字。
[名のり]のり・もと

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りゃく【略】

はぶくこと。省略。 「以下-」
おおよそ。あらまし。 「 -年譜」
知恵。はかりごと。 「政府の-は中々行届いている/福翁自伝 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りゃく【略】

〘名〙
① 知恵。はかりごと。才略。謀略。〔色葉字類抄(1177‐81)〕 〔呉志注‐魯粛伝〕
② かどわかすこと。かすめとること。うばうこと。〔春秋左伝‐宣公一五年〕
③ はぶくこと。省略。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉二「浅くして平なるを平と称ふ、平皿の略なり」 〔春秋公羊伝‐哀公五年〕
④ あらまし。大概。大略。おおよそ。
※天草本伊曾保(1593)イソポの生涯の事「Esopo ガ シャウガイノ モノガタリ riacu(リャク)」 〔孟子‐万章・下〕

りゃく‐・す【略】

[1] 〘他サ変〙 ⇒りゃくする(略)
[2] 〘他サ五(四)〙 ((一)の転じたもの) =りゃくする(略)
歌謡・淋敷座之慰(1676)愚意「委敷・記しあるに依て今爰に略すものなり」

りゃく‐・する【略】

〘他サ変〙 りゃく・す 〘他サ変〙
① 省く。省略する。簡にする。りゃくす。
※玉葉‐仁安二年(1167)正月二八日「呂〈略〉五常楽、兼人々云、未昏黒、何被略哉」
太平記(14C後)一三「然ども此曲に不吉の声有とて、一手を略(リャク)せる所あり」
② かどわかす。かどわす。誘拐する。
※律(718)名例「略人。受財枉法者、不此律
③ かすめとる。攻めとる。攻略する。
※続日本紀‐大宝三年(703)三月戊午「安芸国被畧為奴婢者二百余人」
※太平記(14C後)七「其勢已に三千余騎、京を縮め地を略(リャク)して勢近国に振ひ候也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android