コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花園天皇宸記 はなぞのてんのうしんき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花園天皇宸記
はなぞのてんのうしんき

花園天皇の日記。 47巻。延慶3 (1310) ~元弘2=元慶1 (32) 年にわたる。『花園天皇御記』の別名もあるが,天皇自身は『等閑記』と呼んでいたらしい。原本伏見宮家に伝わり,現在宮内庁書陵部収蔵。原本の部分は,具注暦 (ぐちゅうれき) に書込んだもの,その紙背に書いたもの,別の紙に書き継いだものなどがある。鎌倉時代末期の宮廷の政治情勢を知るうえで貴重な史料。『史料大成』に所収

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花園天皇宸記
はなぞのてんのうしんき

花園天皇の日記。1310年(延慶3)10月から32年(元弘2)11月まで、断続的ながら記されている。自筆本が伏見宮(ふしみのみや)家に伝存されてきたが、宮内庁書陵部に移管されたのち、35巻の巻子本(かんすぼん)に整理された。写本もあるが、写本によってのみ知られる記事はごくわずかで、原本散逸の時期が比較的早かったことを推定させる。史上まれにみる好学の天皇で、学問、文学、宗教、有職故実(ゆうそくこじつ)など万般にわたる卓見が随所にみられる。また自らその渦中にあった両統迭立(てつりつ)問題や、元弘(げんこう)の変など歴史上重要な記事を含み、貴重な史料である。『列聖全集』本は多くの誤りがある。『増補史料大成』本がこれを校正し、また若干の増補があり、ほとんどの記事をこれでみることができる。[田中博美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

花園天皇宸記の関連キーワード昭慶門院短冊慈厳

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android