調所(読み)ずしょ

大辞林 第三版の解説

ずしょ【調所】

姓氏の一。

ちょうしょ【調所】

平安時代、国司の役所で貢ぎ物を取り扱う所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ずしょ【調所】

古代末~中世に国衙の軽物(けいもつ∥かるもの)(絹や布)徴収の業務を担った機関。調は〈みつぎもの〉の意。一般に平安後期以降の検田・収納などの国衙行政は(ところ)により運営され,在来の郡司の諸機能を吸収しつつ独自の地方支配を展開していた。所にはこの調所のほか検田所,収納所,税所(さいしよ),田所(たどころ)などの機関が存在した。11世紀初頭の成立とされる藤原明衡の《新猿楽記》にもこうした国衙内の〈所〉の存在が指摘されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

調所
ちょうしょ

平安時代、国衙(こくが)に置かれた役所の一つ。「ずしょ」ともよむ。国衙機構の分業組織として田所(たどころ)・税所(さいしょ)などとともに設置された「所(ところ)」の一つで、本来は調庸(ちょうよう)物の収納・管理を任務とした。しかし、調庸制の変質に伴い、綿、絹、布などの収納やそれらの価格、度量衡に関することなどをつかさどった。税所の官人らと同様に在地の土豪に世襲化され、薩摩(さつま)(鹿児島県)の調所(ずしょ)氏のように調所を姓とする武士も現れた。[渡辺正樹]
『泉谷康夫著『律令制度崩壊過程の研究』(1972・鳴鳳社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

調所の関連情報