コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷中霊園 ヤナカレイエン

2件 の用語解説(谷中霊園の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やなか‐れいえん〔‐レイヱン〕【谷中霊園】

東京都台東区にある都立霊園。旧称、谷中墓地。明治7年(1874)の開園。面積は約10万平方メートル徳川慶喜横山大観渋沢栄一鳩山一郎長谷川一夫ら著名人の墓が多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷中霊園
やなかれいえん

東京都台東(たいとう)区北西端にある都立霊園。江戸時代は天王寺の寺域であったが、1874年(明治7)青山、雑司が谷(ぞうしがや)、染井(そめい)とともに市民の共同墓地として開園した。面積約10万3000平方メートル。サクラ並木の中央参道を囲んで約6500基の墓碑がある。渋沢栄一、佐佐木信綱(のぶつな)、鳩山(はとやま)一郎、横山大観、獅子文六(ししぶんろく)、宮城道雄ら著名人の墓が多い。日暮里(にっぽり)駅の南方にあり、散策の地として訪れる人が多い。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の谷中霊園の言及

【墓地】より


[近代日本の共同墓地]
 近代日本の共同墓地は,パリ,ロンドンの共同墓地にならって,明治初年から,新首都となった東京に設置された。まず明治7年(1874)9月1日,現在の港区の青山霊園,豊島区の雑司ヶ谷霊園および染井霊園,台東区の谷中(やなか)霊園の4墓園が開設された。このうち,青山霊園は旧青山邸跡に設けられ,面積27万3000m2で最も大きく,埋葬者は現在約10万人以上といわれている。…

【谷中】より

…1947年下谷区と浅草区が合併し台東区となる。現在は1874年に旧天王寺境内に開設された都立谷中霊園(面積約10.3ha)で知られるが,その周辺には下町風の閑静な町並みが残り,町域西部に多い古寺や史跡とともに江戸情緒をいまに伝えている。【大石 庄一】。…

※「谷中霊園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

谷中霊園の関連キーワード東京都美術館東京文化会館浅草観音金竜山東叡山浅草公会堂台東くん松坂屋 上野店松屋浅草

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

谷中霊園の関連情報