コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷中霊園 ヤナカレイエン

2件 の用語解説(谷中霊園の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やなか‐れいえん〔‐レイヱン〕【谷中霊園】

東京都台東区にある都立霊園。旧称、谷中墓地。明治7年(1874)の開園。面積は約10万平方メートル徳川慶喜横山大観渋沢栄一鳩山一郎長谷川一夫ら著名人の墓が多い。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷中霊園
やなかれいえん

東京都台東(たいとう)区北西端にある都立霊園。江戸時代は天王寺の寺域であったが、1874年(明治7)青山、雑司が谷(ぞうしがや)、染井(そめい)とともに市民の共同墓地として開園した。面積約10万3000平方メートル。サクラ並木の中央参道を囲んで約6500基の墓碑がある。渋沢栄一、佐佐木信綱(のぶつな)、鳩山(はとやま)一郎、横山大観、獅子文六(ししぶんろく)、宮城道雄ら著名人の墓が多い。日暮里(にっぽり)駅の南方にあり、散策の地として訪れる人が多い。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の谷中霊園の言及

【墓地】より


[近代日本の共同墓地]
 近代日本の共同墓地は,パリ,ロンドンの共同墓地にならって,明治初年から,新首都となった東京に設置された。まず明治7年(1874)9月1日,現在の港区の青山霊園,豊島区の雑司ヶ谷霊園および染井霊園,台東区の谷中(やなか)霊園の4墓園が開設された。このうち,青山霊園は旧青山邸跡に設けられ,面積27万3000m2で最も大きく,埋葬者は現在約10万人以上といわれている。…

【谷中】より

…1947年下谷区と浅草区が合併し台東区となる。現在は1874年に旧天王寺境内に開設された都立谷中霊園(面積約10.3ha)で知られるが,その周辺には下町風の閑静な町並みが残り,町域西部に多い古寺や史跡とともに江戸情緒をいまに伝えている。【大石 庄一】。…

※「谷中霊園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

谷中霊園の関連情報