コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日暮里 にっぽり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日暮里
にっぽり

東京都荒川区南西部の地区。小田原藩北条氏の家臣遠山氏の居館があった頃,堀が造成されたことにより「新堀」といわれた。のち「ひぐらしの里」とも称されるようになり,日暮里と書くようになったといわれる。 JR山手線以西の台地には特に寺が多く,江戸時代から明治期にかけては,風流人の散策地で知られたところ。山手線以東の低地は,小工場,商店,住宅の混在地区。 JR日暮里駅は京浜東北線常磐線の分岐点で,京成電鉄本線と接続する。東京地下鉄千代田線西日暮里駅がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

日暮里【にっぽり】

東京都荒川区南西部地区。東部の道灌山の台地を除き大部分が低地で,小工場,住宅の混在地域をなす。常磐線,東北本線,京浜東北線,京成電鉄本線,地下鉄千代田線が通じ,日暮里,西日暮里両駅がある。
→関連項目三河島

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日暮里
にっぽり

東京都荒川区南西部にある町名。古くは新堀(にいぼり)で新開拓地の意という。山手(やまのて)線日暮里駅、西日暮里駅、京成電鉄日暮里駅がある。日暮里・舎人ライナー起点の日暮里駅北西の山手台地末端の道灌(どうかん)山は、近世からの行楽地で、春の桜、秋の紅葉が美しく、日の暮れるのも忘れるということで、1889年(明治22)正式に日暮里の字をあて町名としたもの。西日暮里のうち山手線内側は、谷中(やなか)に続く寺町、外側は通りの金融機関を囲んで印刷・めっき工場などが多く、東京下町の工業地域を形成している。[菊池万雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

日暮里の関連キーワードダイナムジャパンホールディングス日暮里・舎人ライナー都営まるごときっぷコレクティブハウス成田スカイアクセス東京リスマチック東京都台東区谷中日本ヒュウマップ成田新高速鉄道精電舎電子工業道灌山・道潅山東京都交通局羽二重だんご岩内 とみゑ江戸の里神楽小野田ケミコ柴田 宵曲クリナップ尾久橋通り延命院日道

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日暮里の関連情報