コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷桃子 たにももこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

谷桃子
たにももこ

[生]1921.1.11. 兵庫,姫路
[没]2015.4.26. 神奈川,川崎
舞踊家。本名は上田桃子。石井漠石井小浪師事し,文化学院を卒業後の 1943年に日劇ダンシングチームに参加。1946年東京バレエ団第2回公演の『パガニーニの幻想』でデビュー。小牧正英に師事し,小牧バレエ団のプリマ・バレリーナを務めた。1949年谷桃子バレエ団を設立,1954年フランスに留学した。『白鳥の湖』のオデットや『ジゼル』を得意とした。1974年に現役を引退,その後は後進の育成,振付家として活躍した。2002~06年日本バレエ協会会長を務めた。1963年芸術祭奨励賞,1984年紫綬褒章,1993年勲四等宝冠章を授与された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

谷桃子【たにももこ】

舞踊家。兵庫県出身。文化学院卒。石井小浪(石井漠の義妹)に舞踊を学ぶ。小牧バレエ団に所属しプリマとして活躍。1949年に東京バレエ研究会(現,谷桃子バレエ団)を結成。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷桃子 たに-ももこ

1921-2015 昭和時代のバレリーナ。
大正10年1月11日生まれ。石井小浪に師事。日劇にはいり,昭和21年小牧正英の東京バレエ団に参加,「パガニーニの幻想」「コッペリア」の日本初演で主演。24年谷桃子バレエ団を創設,プリマドンナとして活躍した。49年現役を引退,のち谷桃子バレエ団芸術監督。第3代日本バレエ協会会長をつとめた。平成27年4月26日死去。94歳。兵庫県出身。文化学院卒。本名は上田桃子

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

タレントデータバンクの解説

谷 桃子


芸名
谷 桃子

性別
女性

生年月日
1984/09/09

星座
おとめ座

干支
子年

出身地
茨城県

身長
160cm

体重
46kg

ブログタイトル
なんでだし?

ブログURL
http://ameblo.jp/tanimomo/

靴のサイズ
24cm

職種
タレント・俳優・女優

好きなスポーツ
バドミントン

資格・免許
普通自動車/秘書検定三級

趣味・特技
映画鑑賞/買い物/料理/サッカー観戦/野球観戦/水泳/化粧/デジカメ撮影/バドミントン

プロフィール
講談社携帯ヤングマガジン裏ヤンマガ『次代のアイドルを探せ!』グランプリを獲得。2006年度サイパンイメージガール、2007年には『日テレジェニック2007』に選ばれる。『2009週刊ヤングジャンプ』では表紙とグラビアを飾る。写真集、DVDリリースなどグラビア活動を精力的に行う。また、女優としても映画・ドラマに出演し、活動の場を広げる。主な出演歴は、映画『ナイン・トゥ・イレブン』主演、『ROOKIES』、関西テレビ『ヘブンス・ロック』、テレビ東京『湯けむりスナイパー』他多数。

代表作品
パチンコ『冬のソナタ』広告(ぶんか社) / サイパンイメージガール(2006)

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

知恵蔵miniの解説

谷桃子

日本のバレリーナ。1921年、兵庫県生まれ。43年に日劇ダンシングチームに入団し、現代舞踊のダンサーとして活動。第2次世界大戦後にクラシックバレエに転向し、49年、東京都内に谷桃子バレエ団を設立。「白鳥の湖」のオデット役などを務め、全国的なバレエブームを巻き起こした。74年に現役を退いて以降は、バレエ団の監督や振付家として後進の指導に当たり、数多くのバレエダンサーを輩出。古典だけでなく創作バレエの上演にも力を注ぎ、日本バレエ界の発展に尽くした。84年に紫綬褒章、93年に勲四等宝冠章を受章。2003年から06年まで日本バレエ協会の会長も務めた。15年、死去。享年94。

(2015-4-30)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷桃子
たにももこ
(1921―2015)

バレリーナ。本名上田桃子。姫路市に生まれる。幼時から石井漠(ばく)、石井小浪(こなみ)に師事、文化学院を卒業。1943年(昭和18)日劇ダンシング・チームに入り、益田隆(ますだたかし)、伊藤道郎(みちお)の指導を受ける。第二次世界大戦後は、日劇で『アニトラの踊り』を踊り、1946年東京バレエ団の結成に参加、『パガニーニの幻想』『コッペリア』を踊り、1948年には『白鳥の湖』に主演した。1950年に谷桃子バレエ団を結成、以降『ジゼル』(1956年舞踊ペンクラブ賞)『リゼット』(1962年芸術祭奨励賞)などをレパートリーとして活躍、1972年東京新聞社主催の舞踊芸術賞受賞。1974年現役引退後も同バレエ団の芸術監督、教師として後輩の育成に努めた。[市川 雅・國吉和子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

谷桃子の関連キーワード小牧 正英中山 昭二高田 信一関口 長世1月11日有馬 五郎昭和時代伊達 純実験工房舞踊家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android