コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊肥本線(読み)ほうひほんせん

百科事典マイペディアの解説

豊肥本線【ほうひほんせん】

熊本〜大分間のJR線。営業キロ148.0km。九州横断路線の一つで,白川大野川流域を結び,阿蘇山を横断する。初め大分から犬飼線,熊本から宮地線の名で建設され,1928年に全通して現名となった。阿蘇高原線愛称

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうひほんせん【豊肥本線】

鹿児島本線熊本駅から阿蘇山のカルデラのなかを通って九州を横断,日豊本線大分駅に至る148.0kmのJR九州線。阿蘇山地方の開発を目的として熊本側および大分側から建設が進められ,1914年4月大分~中判田間(犬飼線),同年6月熊本~肥後大津(ひごおおづ)間(宮地線)がそれぞれ開業し,28年12月宮地~玉来(たまらい)間開通により全通,両線を合わせて豊肥本線とした。久大本線(久留米~大分)とともに九州の横断鉄道で,阿蘇登山ルートとして知られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうひほんせん【豊肥本線】

JR 九州の鉄道線。熊本と大分間、148キロメートル。白川と大野川の流域を結び、阿蘇カルデラの阿蘇谷を通る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊肥本線
ほうひほんせん

九州旅客鉄道の線路名称。熊本―大分間148.0キロメートル、全線単線。大分―下郡信号場(しもごおりしんごうじょう)間2.2キロメートルが交流電化。九州横断鉄道の一つ。熊本平野より白川の河谷沿いにさかのぼり、阿蘇(あそ)山の火口原を横断、阿蘇外輪山の分水嶺(ぶんすいれい)を越えて大野川流域に入り、竹田盆地を経て大分平野に達する。このため阿蘇高原線の愛称がある。大分側より犬飼(いぬかい)軽便線(1922年より犬飼線)、熊本側より宮地(みやじ)軽便線(1922年より宮地線)の名称で建設を進め、前者は1914~1925年(大正3~14)大分―玉来(たまらい)間を、後者は1914~1918年熊本―宮地間を開業したが、1928年(昭和3)玉来―宮地間の開業により両線が結ばれ、統合されて豊肥本線となった。阿蘇外輪山を越える部分に33‰(パーミル)の急勾配(こうばい)区間があり、火口原を横断する区間の景観は雄大である。1987年(昭和62)、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、九州旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android