コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊饒の海 ほうじょうのうみ

世界大百科事典 第2版の解説

ほうじょうのうみ【豊饒の海】

三島由紀夫長編小説。全4部から成り,1965年(昭和40)9月から71年1月まで《新潮》に連載。最終回は作者の自決の日に編集部に渡された。単行本は第1部《春の雪》,第2部《奔馬》(以上1969),第3部《暁の寺》(1970),第4部《天人五衰》(1971)に分けて新潮社刊。4部を通じて輪廻転生(りんねてんしよう)による生れ変りの物語のかたちをとり,第1部は主人公松枝清顕の悲恋をえがき美的理念としては〈たわやめぶり〉をあらわす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうじょうのうみ〔ホウゼウのうみ〕【豊饒の海】

三島由紀夫の長編小説。「浜松中納言物語」をモチーフとする輪廻転生の物語。「春の雪」「奔馬」「暁の寺」「天人五衰」の4部からなる。昭和40年(1965)9月から昭和46年(1971)1月まで「新潮」誌に連載。著者は最終原稿の入稿日に割腹自殺し、本作が遺作となった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊饒の海
ほうじょうのうみ

三島由紀夫の長編小説。1965年(昭和40)9月から『新潮』に連載、69~71年新潮社刊。全四巻。各巻が独自の主題をもつ。第一巻『春の雪』は悲恋を、第二巻『奔馬』は政治的反逆の悲劇を扱っていて、それぞれ「たおやめぶり」と「ますらおぶり」の精神を描く。またこの四部作は、輪廻転生(りんねてんしょう)によって主人公が夭折(ようせつ)して生まれ変わるという構成をとっている。第三巻『暁の寺』ではタイの王女として現れ、第4巻『天人五衰』では4人目の生まれ変わりの少年が本物でないことがわかる。結末の部分に感じられる虚無感のうちに、作者の晩年の心境の一端があったとみられる。三島の自決に至る最後の作品で、後期の代表作に数えられる。[磯田光一]
『『豊饒の海』全四冊(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

豊饒の海の関連キーワード三島 由紀夫磯田光一

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊饒の海の関連情報