コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貔子窩遺跡 ひしかいせき Pi-zi-wo

3件 の用語解説(貔子窩遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貔子窩遺跡
ひしかいせき
Pi-zi-wo

中国遼寧省遼東半島の南岸,貔子窩の北東 15kmにある遺跡。先史時代の単だ子遺跡と,戦国時代から漢代にかけての高麗寨遺跡の2ヵ所がある。前者は,彩陶黒陶の系統をひく土器が重要であり,後者では鉄器が注目される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

貔子窩遺跡【ひしかいせき】

中国,遼東半島先端近くの東岸,碧流河畔にある遺跡。台地(高麗寨)と単【だ】子島の両遺跡があり,1927年日本の東亜考古学会が調査。彩文土器,石庖丁などを伴出した新石器時代の墓や,戦国時代・漢代の土器,金属器などが出土。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひしかいせき【貔子窩遺跡 Pí zǐ wō yí zhǐ】

中国,遼寧省遼東半島の先端近くの東岸,碧流河の河口に位置する遺跡。岬状の小台地の高麗寨と近接する小島の単砣子の両遺跡からなる。1927年東亜考古学会の初調査として,浜田耕作らによって発掘され,北京大学の馬衡,陳垣(ちんえん)も参加した。高麗寨は貝層を含む包含層で,土器,石器,玻璃,青銅器,鉄器,銭貨が出土した。土器は単砣子と類似する赤焼土器のほか鬲(れき),甗(げん)の黝色土器や漢式系土器が出土した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

貔子窩遺跡の関連キーワード関東州羊頭窪遺跡遼東半島山東半島遼東大石橋遼寧[省]四平山遺跡遼西省遼東省

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone