賀茂別雷神社境内(読み)かもわけいかづちじんじゃけいだい

国指定史跡ガイドの解説


京都府京都市北区上賀茂本山にある神社。京都市街の北端、賀茂川が京都盆地に入っていくあたりの左岸に立地する。通称は上賀茂(かみがも)神社、一般に上賀茂社、上社ともいわれ、賀茂別雷大神 (かもわけいかづちのおおかみ)をまつる。賀茂御祖(かもみおや)神社(下鴨(しもがも)神社)とともに、古代の賀茂氏の氏神をまつる神社として賀茂神社(賀茂社)と総称され、両社をもって1社のような扱いをされてきた。賀茂神社両社の祭事である賀茂祭は、京都三大祭りの一つ、葵祭(あおいまつり)として有名である。本殿、権殿は国宝に、楼門、片岡橋、細殿、橋殿など多くの建物が重要文化財に指定され、境内は1993年(平成5)に国の史跡に指定された。1994年(平成6)には「古都京都の文化財」の一部として、世界遺産に登録された。創建は古く、社伝では神武天皇の時代に賀茂山の麓の御阿礼所(みあれしょ)に賀茂別雷命が降臨したといい、細殿の前の2つの立砂は降臨した山をかたどっているという。もとは賀茂県主(あがたぬし)の神社であったが、古代国家の成立とともに強力な地方大社に発展し、平安時代には両賀茂社は京の都と皇室の守り神として信仰を受け、810年(弘仁1)以降約400年にわたって伊勢神宮の斎宮にならった斎院が置かれ、皇女が斎王として賀茂社に奉仕した。中世には多くの荘園を擁し、豊臣・徳川氏は2500石余りの所領を与えて保護した。1751年(寛延4)の古図によれば、旧境内は南は旧藤ノ木通り、北は貴船の谷、東は深泥池(みどろがいけ)西の鞍馬道、西は賀茂川という広大な地域であったが、現在は、境内の中枢部と、磐座(いわくら)である神山を中心とする地に縮小された。境内地の南には、社家町が形成されていたが、社家として江戸時代の姿を残すのは、いわゆる神主7家のうち梅辻家と岡本家、社司の井関家、氏人の山本家と岩佐家、藤木家であり、またその西部においては、ほぼ境内地と社家町の間を流れる明神川と、それに接する築地に昔の面影をとどめ、これらを含めて史跡指定されている。JR東海道新幹線ほか京都駅から京都市営バス「上賀茂神社前」下車、徒歩すぐ。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android