コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤外線吸収スペクトル せきがいせんきゅうしゅうスペクトル infrared absorption spectrum

2件 の用語解説(赤外線吸収スペクトルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤外線吸収スペクトル
せきがいせんきゅうしゅうスペクトル
infrared absorption spectrum

赤外線領域 (多くの場合,波数 4000~650cm-1 ) に現れる分子の振動に基づく吸収スペクトル。 IRスペクトルとも略称する。ラマンスペクトルとともに物質の同定に用いられる。測定に用いられるプリズムによって近赤外領域 ( 4000~2500cm-1 ) ,岩塩領域 ( 4000~650cm-1 ) などに分けられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤外線吸収スペクトル
せきがいせんきゅうしゅうすぺくとる
infrared absorption spectrum

物質に赤外線を照射したとき、物質がある特定の赤外線を吸収して得られるスペクトル
 物質内の原子は、化学結合をしているが、原子の位置はわずかながら動いているので、化学結合を二つの原子がばねでつながっている形のモデルで表すことができる。二つの原子の質量をm1m2、ばねの強さをKとすると、結合の間に働く力はフックの法則で表され、ばねの振動数ν(ニュー)は、

で表される。分子の世界でもこの考えが適用され、第一近似としては、

が成り立ち、このνvは分子振動の振動数とよばれ、赤外線の振動数に対応する。したがって、この分子振動が照射された赤外線の波長と一致すると、赤外線が物質に吸収され、スペクトルが観測される。
 一般に、分子の構成原子数をNとすると、3N-6個の分子振動がある。このうち、振動によって双極子モーメントが変化する場合には赤外線吸収スペクトルで、分極率が変化するとラマン効果で観測することができる。炭素化合物の構造決定、結合状態の研究に欠かせない実験手段で、最近ではフーリエ解析型の赤外線分光器が開発されている。[下沢 隆]
『L. H. Little著、長谷川正知・原納淑郎・松下薫一訳『吸着と赤外線吸収スペクトル』(1971・化学同人) ▽中西香爾他著『赤外線吸収スペクトル 演習編』『赤外線吸収スペクトル 定性編』改訂版(1978・南江堂) ▽田中誠之・寺前紀夫著『赤外分光法』(1993・共立出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤外線吸収スペクトルの関連キーワード近赤外線赤外線フィルム中赤外線光学赤外線望遠鏡近赤外分光分析法赤外スペクトル赤外線乾燥水分計赤外線灯赤外線分光光度計赤外分光

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone