コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤平市 あかびら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤平〔市〕
あかびら

北海道中央部,夕張山地の北西麓にある市。 1954年市制。地名はアイヌ語のアカピラ (山稜の崖の意) に由来。北はイルムケップ火山,南は空知山地の赤平山に接し,空知川が東西に横切る。 1891年農業開拓が始り,1913年根室本線開通以後,石狩炭田の一中心地として発展。かつては炭鉱都市として繁栄したが,石炭産業の不振で最後まで残っていた住友赤平炭鉱も 94年に閉山した。空知川流域では米,野菜を産出。独歩苑,赤平公園の観光地がある。 JR根室本線,国道 38号線が通る。面積 129.88km2。人口 1万1105(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あかびら‐し【赤平市】

赤平

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

赤平市の関連キーワード北海道赤平市茂尻中央町北北海道赤平市茂尻新春日町北海道赤平市茂尻中央町南北海道赤平市茂尻元町北北海道赤平市平岸新光町北海道赤平市茂尻元町南北海道赤平市茂尻春日町北海道赤平市茂尻宮下町北海道赤平市百戸町東北海道赤平市平岸曙町北海道赤平市百戸町西北海道赤平市若木町北北海道赤平市北文京町北海道赤平市東文京町北海道赤平市平岸桂町北海道赤平市平岸仲町北海道赤平市東豊里町北海道赤平市西豊里町北海道赤平市西文京町北海道赤平市平岸南町

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤平市の関連情報