赤平市(読み)あかびら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤平〔市〕
あかびら

北海道中央部,夕張山地の北西麓にある市。 1954年市制。地名はアイヌ語のアカピラ (山稜の崖の意) に由来。北はイルムケップ火山,南は空知山地の赤平山に接し,空知川が東西に横切る。 1891年農業開拓が始り,1913年根室本線開通以後,石狩炭田の一中心地として発展。かつては炭鉱都市として繁栄したが,石炭産業の不振で最後まで残っていた住友赤平炭鉱も 94年に閉山した。空知川流域では米,野菜を産出。独歩苑,赤平公園の観光地がある。 JR根室本線,国道 38号線が通る。面積 129.88km2。人口 1万1105(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤平市の関連情報