夕張山地(読み)ゆうばりさんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夕張山地
ゆうばりさんち

北海道西部上川総合振興局空知総合振興局胆振総合振興局日高振興局の所管区域にまたがる南北方向の山地。東方に日高山脈が平行する。芦別川,シュウパロ川を境に東部,西部の両山地に分かれる。東部は傾動地塊で,富良野盆地に向かって急傾斜し,東麓には複合扇状地が発達。主峰芦別岳(1726m),夕張岳(1668m)など 1000m以上の山岳が連続し,壮年期の険しい山容を現す。西部は主峰の幾春別岳(いくしゅんべつだけ。1068m)を除いては,700~800mの丘陵性山地が大部分を占める。白亜紀層や古第三紀層などからなり,西部山地の石狩層群は石炭を含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

夕張山地【ゆうばりさんち】

北海道中部の山地。西は石狩平野,東は日高山脈富良野盆地に接する。中生層とそれ以前の変成岩などからなり,芦別岳(1726m),夕張岳(1668m)がある。90%は国有林で,夕張岳などに高山植物が生育。古第三紀層が分布。
→関連項目栗山[町]北海道

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうばりさんち【夕張山地】

北海道の中南部にある山地。南東日高山脈とは金山峠,日高峠,沙流川河谷を結ぶ線で,また北の天塩(てしお)山地とは神居古潭(かむいこたん)のある石狩川横谷で境される。山嶺が東に偏った傾動地塊山地で,東部には芦別岳(1727m)や,夕張岳(1668m)などの急峻な山々が南北に連なり,その東側は急崖をなして上川盆地,富良野盆地に臨む。石狩平野に臨む山地西部は,西へ向かって緩やかに低くなり,南西部には由仁安平(ゆにあびら)低地を隔てて馬追(まおい)丘陵が並走する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ゆうばりさんち【夕張山地】

北海道中部を南北に走る山地。最高峰は芦別岳(海抜1727メートル)。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕夕張山地(ゆうばりさんち)


北海道中部を南北に連なる山地。南東の日高(ひだか)山脈と西の石狩(いしかり)平野の間に位置する。最高峰は芦別(あしべつ)岳(標高1726m)。東側は急傾斜して富良野(ふらの)盆地に落ちる。西側は丘陵性山地で、かつては日本屈指の産出を誇った石狩炭田中心地であった。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夕張山地
ゆうばりさんち

北海道中央南半の骨格を東の日高(ひだか)山脈とともに形成する山地。北は空知(そらち)川、南は沙流(さる)川の間を占め、南北方向の芦別(あしべつ)川―シュウパロ川の線で東西二つの傾動地塊に分けられる。東の地塊は古い神威古潭(かむいこたん)系や中生代白亜紀層の岩石からなり、中央部には芦別岳(1726メートル)、夕張岳(1668メートル)など壮年地形の山嶺(さんれい)が連なり、断層崖(がい)で東の富良野(ふらの)盆地に接する。西の地塊は第三紀層からなり、前者より高度も低くなって石狩(いしかり)平野に臨む。ここには第三紀層中の夾炭(きょうたん)層が南北に連なり、これを刻む河川沿いに石炭の露頭があり、明治以降の石狩炭田開発につながった。また河谷にはダム建設も進み電源に利用される。富良野(ふらの)芦別道立自然公園域で、1996年(平成8)「夕張岳の高山植物群落及び蛇紋岩メランジュ帯」が国の天然記念物に指定された。[柏村一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆうばり‐さんち ゆふばり‥【夕張山地】

北海道中南部の山地。日高山脈の西側北方に連なる。芦別岳(一七二六メートル)・夕張岳(一六六八メートル)を主峰とする。夕張炭田があり、空知川・夕張川・幾春別川・安平川などの水源地帯である。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android