コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽茂 はもち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羽茂
はもち

新潟県西部,佐渡市南部の旧町域。佐渡島小佐渡丘陵南部に位置する。1955年羽茂村と西三川村の一部が合体して,1961年町制。2004年両津市など 1市 6町 2村と合併し,佐渡市となった。高緯度ながら気候は温暖でツバキ,ミカン,ビワなどを栽培。カキ,味噌の特産がある。中心集落の羽茂本郷には佐渡の一の宮であった度津神社(わたつじんじゃ),中世の地頭羽茂本間氏の羽茂城跡が残っている。区域は小佐渡県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羽茂
はもち

新潟県佐渡(さど)郡にあった旧町名(羽茂町(まち))。現在は佐渡市の南部を占める一地区。1961年(昭和36)町制施行。2004年(平成16)、両津(りょうつ)市および佐渡郡の相川(あいかわ)町、佐和田(さわた)町、金井(かない)町、新穂(にいぼ)村、真野(まの)町、畑野(はたの)町、小木(おぎ)町、赤泊(あかどまり)町と合併して佐渡市となる。旧羽茂町は佐渡島(さどがしま)南部、小佐渡山地の南に位置し、羽茂川が貫流する。国道350号が通じバスの便があり、小木(おぎ)港まで10分。古くは羽茂郡高家(たかい)郷とよばれ、佐渡の一宮(いちのみや)度津(わたつ)神社は佐渡の発祥伝説をもち、海神五十猛神(いそたけるのかみ)を祀(まつ)る。羽茂本郷(ほんごう)は中心買い物町で、県立羽茂高校や羽茂城址(じょうし)がある。羽茂川河口の大石地区には佐渡みその大半を生産する工業団地が形成され、北海道、東北方面に出荷されている。羽茂平野は対馬(つしま)暖流の影響で冬も雪が少なく温暖で、ビワ、ミカン、ツバキが自生する。水稲を中心とし、果樹、畜産、園芸作物などを組み合わせた農業が行われている。川茂(かわも)・村山地区はおけさ柿(がき)の発祥地。[山崎久雄]
『『羽茂村誌』(1956・羽茂村) ▽『羽茂町誌』全4巻(1985~1998・羽茂町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

羽茂の関連キーワード新潟県佐渡市羽茂本郷マルダイ味そ資料館日本のおもな植物園佐渡山田村善兵衛真野(新潟県)小木(新潟県)久保太郎右衛門新潟県佐渡市佐渡(市)羽茂[町]佐渡[市]中川善兵衛藤川 忠治八百比丘尼おけさ柿氏江元彦新倉ごま千歯扱佐渡国島留学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羽茂の関連情報