コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新穂 にいぼ

2件 の用語解説(新穂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新穂
にいぼ

新潟県西部,佐渡市中部の旧村域。佐渡島中部,国中平野から小佐渡丘陵に位置する。1889年村制施行。2004年両津市など 1市 7町 1村と合体し,佐渡市となった。小佐渡丘陵は,国際保護鳥トキの生息地として知られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新穂
にいぼ

新潟県佐渡(さど)郡にあった旧村名(新穂村(むら))。現在は佐渡市の東部を占める一地区。2004年(平成16)、両津(りょうつ)市および佐渡郡の相川(あいかわ)町、佐和田(さわた)町、金井(かない)町、畑野(はたの)町、真野(まの)町、小木(おぎ)町、羽茂(はもち)町、赤泊(あかどまり)村と合併して佐渡市となる。旧新穂村は佐渡島の小佐渡山地北東に位置する。国際保護鳥トキの村として知られ、佐渡トキ保護センター(旧名はトキ保護センター)で国産トキ最後の1羽が長らく飼育されていたが、2003年(平成15)10月に老衰のため死亡した。同センターでは人工繁殖も試みられており、1999年には中国産トキのつがいによるヒナが誕生、国内初の成功例となった。北方(きたがた)には中世村殿(むらどの)とよばれた名主屋敷が集まった模式的な環濠(かんごう)集落が残る。新穂川の上流には新穂、大野川の二大ダムが建設され、扇状面の耕地整理化を進め、島の米どころをなす。稲作のほか、近年ではイチゴなどの施設園芸も行われている。中心地区新穂は小佐渡回りバス交通の要衝で、近くの塚原根本寺(つかはらこんぽんじ)は日蓮(にちれん)遺跡として名高い。山麓(さんろく)台地面には縄文遺跡が多く、北方、舟下(ふなしも)の玉作(たまつくり)遺跡は県の史跡地に指定されている。西端の潟上(かたがみ)は古くからの湯治場温泉である。[山崎久雄]
『『新穂村史』(1976・新穂村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新穂の関連キーワード両津佐渡新潟県佐渡市小木新潟県佐渡市沢崎新潟県佐渡市達者新潟県佐渡市中興新潟県佐渡市中原新潟県佐渡市願新潟県佐渡市真野新潟県佐渡市八幡

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新穂の関連情報