越訴奉行(読み)オッソブギョウ

大辞林 第三版の解説

おっそぶぎょう【越訴奉行】

鎌倉・室町時代の職名。越訴を受理して再審する職。引付ひきつけ奉行から選定された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

越訴奉行
おっそぶぎょう

鎌倉・室町幕府の職名。判決の過誤を救済する機関。鎌倉幕府には越訴の審理を行う越訴方が存在しており、1264年(文永1)北条実時(さねとき)、安達泰盛(あだちやすもり)を頭人(とうにん)とし、その下に越訴奉行人を配して発足した。頭人には執権(しっけん)、連署(れんしょ)に次ぐ有力者が任ぜられる場合が多かった。また越訴奉行人は常任ではなく、越訴の審理が行われるとき、引付(ひきつけ)奉行人が任ぜられ、頭人の指揮に従ったとされている。越訴奉行という呼び方は『関東評定伝(ひょうじょうでん)』に越訴頭人をさして越訴奉行としていることからきている。室町幕府の越訴奉行については不明な点が多い。『武政軌範』という室町幕府の訴訟制度を記した書物に越訴奉行人についての記述があるが、具体的活動は不明。また室町幕府の地方統治機関である鎌倉府に越訴奉行の職名がみられるが、鎌倉府の越訴奉行についてもつまびらかではない。[伊藤喜良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おっそ‐ぶぎょう ヲッソブギャウ【越訴奉行】

〘名〙 鎌倉・室町幕府の越訴方の職員。常位の奉行は存在せず、越訴の開始と同時に引付(ひきつけかた)の奉行一、二名が選定されて越訴頭人の指揮下に越訴を審理した。
※関東評定衆伝(1225‐84)文永元年「越後守平実時〈略〉十月廿五日為越訴奉行

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android