コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越訴奉行 オッソブギョウ

デジタル大辞泉の解説

おっそ‐ぶぎょう〔ヲツソブギヤウ〕【越訴奉行】

鎌倉幕府の職名。越訴2の受理・再審に当たった臨時の職。審理が始まると、引付(ひきつけ)奉行人の中から1、2名が選ばれ、頭人の指揮に従った。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おっそぶぎょう【越訴奉行】

鎌倉・室町時代の職名。越訴を受理して再審する職。引付ひきつけ奉行から選定された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

越訴奉行
おっそぶぎょう

鎌倉・室町幕府の職名。判決の過誤を救済する機関。鎌倉幕府には越訴の審理を行う越訴方が存在しており、1264年(文永1)北条実時(さねとき)、安達泰盛(あだちやすもり)を頭人(とうにん)とし、その下に越訴奉行人を配して発足した。頭人には執権(しっけん)、連署(れんしょ)に次ぐ有力者が任ぜられる場合が多かった。また越訴奉行人は常任ではなく、越訴の審理が行われるとき、引付(ひきつけ)奉行人が任ぜられ、頭人の指揮に従ったとされている。越訴奉行という呼び方は『関東評定伝(ひょうじょうでん)』に越訴頭人をさして越訴奉行としていることからきている。室町幕府の越訴奉行については不明な点が多い。『武政軌範』という室町幕府の訴訟制度を記した書物に越訴奉行人についての記述があるが、具体的活動は不明。また室町幕府の地方統治機関である鎌倉府に越訴奉行の職名がみられるが、鎌倉府の越訴奉行についてもつまびらかではない。[伊藤喜良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone