跡見 花蹊(読み)アトミ カケイ

  • 跡見 花蹊 (あとみ かけい)

20世紀日本人名事典の解説

明治・大正期の女子教育家,日本画家 跡見女学校創設者。



生年
天保11年4月9日(1840年)

没年
大正15(1926)年1月10日

出生地
摂津国西成郡木津村(大阪府大阪市西成区)

本名
跡見 龍野

別名
号=花渓,木花,不言,西成

主な受賞名〔年〕
勲六等宝冠章〔明治45年〕,勲五等瑞宝章〔大正14年〕

経歴
漢学を宮原節庵、後藤松陰に、絵を石垣東山、円山応立らに学び、詩文、和歌書画をよくした。安政5年大阪で父の私塾を継ぎ、慶応2年京都で私塾を開く。明治3年塾を東京に移し、宮中の女官教育にあたる。8年神田・仲猿楽町に跡見学校を創設、20年小石川に移転、21年跡見女学校(跡見学園女子大学前身)として開校女子教育に専念した。同校は中流以上の家庭の子女を対象に、いわゆる良妻賢母主義の教育を行い、のちの日本における女子中等教育に大きな影響を与えた。大正8年養女李子に譲って名誉教授。一方、教育の傍ら絵筆をとり、山水花鳥を得意とし、度々皇后皇太后に召され御前揮毫を行う。代表作に「四季花卉図」など。一生独身を通した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1840年4月9日
明治時代;大正時代の女子教育家
1926年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android