(読み)ハダシ

デジタル大辞泉「跣」の解説

はだし【×跣/裸足/跣足】

《「肌足(はだあし)」の音変化》
足に何も履かないこと。また、その足。「―で歩く」 夏》
《はだしで逃げる意から》その道の専門家もかなわないほどであること。「玄人(くろうと)―の演技」
「華族の奥様も―って服装でしょう」〈小杉天外・初すがた〉

せん【跣】[漢字項目]

[音]セン(呉)(漢) [訓]はだし
はだし。すあし。「跣足徒跣

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android