(読み)くるぶし

精選版 日本国語大辞典「踝」の解説

くる‐ぶし【踝】

〘名〙 足首側にあるの突起。内側のは(けいこつ)末端外側のは腓骨(ひこつ)の末端にあたる。くろぶし。つぶぶし。つぶなき。
驢嘶余(室町末)「轆轤袴。布をかちんに染め、くくりを入て、下くくりとて、くるぶしの上にてくくるなり」

つく‐ぶし【踝】

〘名〙 (「突く節」の意)
① 膝(ひざ)関節のところ。ひざがしら
※禅鳳雑談(1513頃)上「ひだりのつくぶしをふみさだめ候て、右のあしにてかへり」
首の内外の両側にある突起。くるぶし。足などのくるぶし。〔和玉篇(15C後)〕

つぶ‐ぶし【踝】

〘名〙 (古くは「つぶふし」)
※彌勒上生経賛平安初期点(850頃)白「世尊の両の踝(ツフフシ)倶に隠れて現にあらず」
② =つぶし(腿)③〔日葡辞書(1603‐04)〕

くろ‐ぶし【踝】

〘名〙 「くるぶし(踝)」の変化した語。
※俳諧・類柑子(1707)下「景清がくろぶしや此壮(わか)けづめ〈唄言〉」

つぶ‐なき【踝】

〘名〙 (「つぶなぎ」とも) くるぶしの古称。つぶぶし。
※大智度論天安二年点(858)八九「踝(ツフナキ)現れず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「踝」の解説

踝【くるぶし】

足首の上で内外両側に突出した骨の突起。うちくるぶし(内果)は脛骨(けいこつ)の下端,そとくるぶし(外果)は腓骨(ひこつ)の下端である。→

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「踝」の解説

くる‐ぶし【×踝】

足首の関節の内外両側にある突起した骨。内側は脛骨けいこつの末端、外側は腓骨ひこつの末端にあたる。くろぶし。つぶぶし。

つぶ‐なき【×踝】

《「つぶなぎ」とも》くるぶしの古名。〈和名抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「踝」の解説

くるぶし【踝 ankle】

足くびの〈すね〉とつながる部分にある内外両側の突起。内側の〈うちくるぶし〉は脛骨の下端であり,外側の〈そとくるぶし〉は腓骨の下端である。【藤田 恒夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【足∥肢】より

…脛骨はその全長にわたって〈むこうずね〉の皮下に触れられる。また,脛骨と腓骨の下端は,いずれも太くなって脛骨踝(けいこつか)あるいは〈うちくるぶし〉と,腓骨踝あるいは〈そとくるぶし〉となっている。くるぶしのすぐ上の,下腿のいちばん細くなったところが〈あしくび〉である。…

※「踝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android