コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身延線 ミノブセン

5件 の用語解説(身延線の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みのぶ‐せん【身延線】

静岡県の富士から富士宮身延を経て甲府に至るJR線。長さ88.4キロ。昭和3年(1928)全通。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

身延線【みのぶせん】

富士(静岡県)〜甲府間のJR線。営業キロ88.4km。富士身延鉄道によって富士側から建設を進め1928年全通,1941年国有化。富士川沿いに北上して東海道・中央両本線と連絡し,身延山久遠(くおん)寺参詣などに利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

身延線

JR東海が運行する鉄道路線。静岡県富士市の富士駅から山梨県甲府市の甲府駅を結ぶ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みのぶせん【身延線】

東海道本線富士駅から身延をへて中央本線甲府駅に至る88.4kmのJR東海線。東海道本線と中央本線の全通に伴ってこの両線を結ぶ鉄道として,また沿線の身延山(日蓮宗総本山久遠寺)参詣客の利便をはかる目的で,さらに当時新しい産業として富士川周辺に興った製紙工場への原料輸送などを目的として,富士身延鉄道の手によって富士側から建設されたもので,身延までは1913年から20年にかけて順次開業し,28年3月甲府~市川大門間の開通によって富士~甲府間が全通した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

身延線
みのぶせん

東海旅客鉄道の線路名称。富士(静岡県)―甲府(山梨県)間88.4キロメートル、富士―富士宮(ふじのみや)間のみ複線でその他の区間は単線。全線直流電化。大部分の区間は富士川東岸を走り、静岡県の岳南(がくなん)地方と山梨県の甲府盆地を結ぶ。日蓮(にちれん)宗総本山久遠(くおん)寺のある身延、温泉で知られた下部(しもべ)などが沿線にある。富士身延鉄道によって1913~1920年(大正2~9)に富士―身延間が開業し、1927年(昭和2)に電化された。身延以北の区間は資金難で建設が遅れたが、1927~1928年に、陸軍の鉄道連隊の手によって演習を兼ねて身延―甲府間を電化開業した。1938年政府はこの線を借り入れ、1941年に国有化して身延線と称された。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、東海旅客鉄道に所属。25‰(パーミル)の急勾配(こうばい)、半径400メートル以下(とくに300~200メートルの曲線区間が多い)の急曲線区間が各所にあって、列車のスピードアップを阻んでいる。富士―西富士宮間は岳南工業地帯に属し、人口も多く、列車も頻繁に運転されている。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

身延線の関連キーワード金谷高山本線中央本線東海道本線御殿場線奈良線山手線本線富士[市]富士見[町]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

身延線の関連情報