コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転移RNA てんいアールエヌエー transfer RNA; tRNA

5件 の用語解説(転移RNAの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

転移RNA
てんいアールエヌエー
transfer RNA; tRNA

転移リボ核酸。運搬 RNAとも,可溶性 RNA(soluble RNA; sRNA)とも呼ばれる。あらゆる生物の細胞内に存在するヌクレオチド数 80±10個ぐらいの,比較的小型の RNAで,蛋白質合成の際にアミノ酸を結合して mRNA (メッセンジャー RNA) のところに運んで連結させる役割を果す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てんい‐アールエヌエー【転移RNA】

たんぱく質の生合成において、特定のアミノ酸と結合して、伝令RNAリボゾームの結合体に運ぶリボ核酸リボゾーム上で、アミノ酸を伝令RNAの情報通りに配列、たんぱく質が組み立てられる。トランスファーRNAtRNA運搬RNA

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

転移RNA【てんいアールエヌエー】

RNA

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

転移RNA

 →トランスファーRNA

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

転移RNA
てんいあーるえぬえー
transfer RNA

細胞内に大量に存在するRNA(リボ核酸)の一種で、アミノ酸を結合し、タンパク質の合成の場(リボソーム)に供給する。転移RNAという名称は、この働きに由来し、運搬RNA、トランスファーRNAともよばれる。欧文表記のtransfer RNAから、tRNAと略記する。遺伝情報の翻訳、すなわちメッセンジャーRNA(mRNA)のヌクレオチド配列をアミノ酸に置換する操作を行う。遺伝暗号コドン)と相補性のある三ヌクレオチド(アンチコドン)を含む約70~100ヌクレオチドからなり、分子量約2万~3万、分子沈降速度定数から4S-RNAともよばれる。それぞれのtRNAはアミノアシルtRNA合成酵素により遺伝暗号に対応したアミノ酸を結合することができる。リボソーム上でmRNAのコドンとtRNAのアンチコドンが対応し、tRNAに結合していたアミノ酸が重合してタンパク質が合成される。20種類のアミノ酸それぞれに対して数種類のtRNAがあり、リボソームを構成するRNA(リボソームRNArRNA)とともに細胞内のRNAの大部分を占めている。とくにリボソームRNAに比べ低分子量で細胞抽出液を分別する可溶性画分(かようせいかくぶん)にあることから、可溶性RNA(soluble RNA略してsRNA)ともよばれている。
 1965年アメリカのR・W・ホリーら(1968年にノーベル医学生理学賞受賞)によって酵母のアラニン特異的tRNAのヌクレオチド配列が決定され、1970年にはH・G・コラーナのグループによって大腸菌のチロシン特異的tRNAの遺伝子が完全合成された。現在では、さまざまな生物種から得られた各種のtRNAのヌクレオチド配列が知られ、いずれもクローバーの葉型の二次構造を組むことができる。1973~1974年にイギリスのA・クルーグらおよびアメリカのリッチAlexander Rich(1924― )らは独立に酵母のフェニルアラニン特異的tRNAのX線結晶回折を行い、クローバーの葉型の構造はさらに二つ折りたたまれL字型であることを明らかにした。翻訳開始のコードはメチオニンであることが多く、メチオニン特異的tRNAのうち、翻訳開始に携わるものをとくに開始tRNA(イニシエーターtRNA、initiator tRNA)という。[菊池韶彦]
『B・ルーウィン著、菊池韶彦他訳『エッセンシャル遺伝子』(2007・東京化学同人) ▽菊池洋編『RNAが拓く新世界』(2009・講談社サイエンティフィック)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

転移RNAの関連キーワードRNA転写伝令RNAリボ核酸リボースリボザイム可溶性リボゾームリボゾームRNAトランスファーRNA

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone